【故障】ロードスターNB型~サイドブレーキのランプ点灯が意味すること~

いやいや、本当にこの度はツイていました。何の事故を起こすこともなく、こんな報告が出来るなんて。。。

先日、気持ち良くジャズ・ロード巡りの最終訪問店に別れを告げ、愛車に乗り込み、帰路につこうと思って走り出したまでは良かったのですが、ブレーキを少し踏んだ瞬間、頭の中が疑問符だらけに。。。ブレーキが効かない???

時間も24時過ぎで走っている車が少なく、スピードもそれほど上げておらず、しかも目の前にマンガ喫茶が。。。何とかそこまで車を運び、無事に停車。そこまでは何ともなかったのですが、エンジンを切った瞬間に緊張の糸が切れたようで、怖さに震えが来ました。

そこからJAFを呼んで一度見ていただき、その晩はそのマンガ喫茶で臨時宿泊。翌日、レッカー車でいつもお世話になっているマツダさんまで運んでもらい、検査・修理してもらいましたが。。。経年劣化からブレーキオイル(フルード)が洩れていたとのご診断で、結局ブレーキ・キャリパーを交換していただきました。

それでは、その前兆はなかったのか?

ブレーキとしてはいきなり効かなくなりましたが、思い返せば少し前からサイドブレーキのランプが点灯しっ放しになっていたので、それをお聞きしたところ、これが今回の故障の「前兆」でした。

今回の教訓その1

ロードスター(NB型)でサイドブレーキのランプが点灯し続けている状態になったら、ブレーキオイルの量が少なくなってる可能性がありますので、大変危険です。

まずはタイヤを見て、変な濡れ方をしていないかを確認した上で、車屋さんやJAF等に即、相談してください。

いずれにせよ、ちゃんとした知識もないのに接触の問題等と軽く考え、放置していたのが間違いの元。やはり車は命を預けるもの。

少しでもおかしい個所があったら、すぐに点検してもらいましょう!また、もしそれが無理でも、まずはその症状をネットで検索してみましょう!

今回の教訓その2

あと、「もし走行中にブレーキが効かなくなったら」というシミュレーションをしておくと、いざとなった時の慌て方が少なくて済みます。

私の場合、以前雪の坂道でブレーキが効かなくなり、ガードレールにこすりながら停車させた先輩の話を思い出すことが出来たので、最悪それをやればいいと、すぐに腹を決めれて冷静になれたのが良かったと思います。


「オーディオマニアがロードスターを買っちゃった」に戻る

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000