上岡敏之指揮 ヴッバータール交響楽団 演奏会@名古屋① 10/10

今日、愛知県芸術文化会館コンサートホールで行われた演奏会に行ってきました。

見てのとおり、8~9分入りで1階席は満員。名古屋のクラシック演奏会にしては珍しいことですが、上岡敏之さんが今まさに旬の日本人指揮者だから、でしょうか。

ヴッバータール交響楽団というのは、恐らくほとんど誰も日本人は知らなかったドイツの一楽団ですが、前回の97年の来日時に大曲ブルックナーの交響曲7番で話題に。というのも、これを今まで誰もやらなかったくらいの超スロースピードで演奏したため、賛否両論を巻き起こしたのです。

何が飛び出すかわからない、今の時代には珍しい「安全運転しない」タイプの指揮者とその手兵。それだけに、今日の演奏を楽しみにしていました。

結果、無類に面白い演奏でした!

ちょっと演奏について調べたいことがあるので、詳細についてはまた明日書きます!


上岡敏之指揮 ヴッバータール交響楽団 演奏会 その②へ その③へ

「クラシック演奏会/ジャズ・ライブ」の目次へ戻る




汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000