大分市内・BRICK BLOCK(ブリック・ブロック) 17/11

今回の中部九州ジャズ・ロード一周ツアーの最初の訪問店、大分市内・西大分港に面した場所にあるBRICK BLOCK(ブリック・ブロック)さんはライブ中心のジャズ・バー。ほぼ毎日ライブをされておられますが、私が行ったのは長谷部彰トリオ+1の日。

実はこのライブが今回の中部九州一周ジャズ・バー/喫茶ツアーを企画したキッカケで、とある場所で長谷部さんとご一緒させていただいた際、この日のライブを知り、行ってみたい、ならば、その後、他のお店も回ってみたらどうだろう?と考えた次第。

当日は、福岡で仕事が終わってから車を飛ばして2時間強。相当急いだものの、着いたら1stセットの途中。お店に入ってすぐのカウンターで1ドリンク込みのチャージ料を支払って中に進みましたが。。。一目見て、その素敵なハコ(会場)ぶりにびっくり!

椅子や机が左奥のステージを段々畑のように囲むような形で配置されているので、1階、2階のどの席からも見やすく、更には150人は優に集客出来る広いスペースにも関わらず、少ない人数でもそれほど寂しい感じもしない建屋構造・デザインは秀逸。

このステージ上からの眺めもまた素晴らしい。。。ここでライブをやったことがある私の知人によると、造りの良さに加え、音響さんがいい仕事をされる方で、演奏者としても実に気持ちのいい会場なのだそうです。

ライブ自体は長谷部さんが東京で長くご活躍されておられた貫録のピアノでメンバーを終始リード。そこに、曲の途中でイェ~とカッコ良く掛け声を入れる派手な服装の女性。。。長谷部さんの古くからの友人で、東京から遊びに来たというジャズ・シンガー安部“GINA”まりあさん。飛び入りで何曲か歌われましたが、さすがに長谷部さんと長年ライブやツアーをやっておられただけあって、息の合ったパワフルな演奏ぶり。楽しい時間を過ごさせていただきました。

22時前に終了。。。マスターにサインをいただきたかったのですが、翌日の伊東ゆかりさんのお迎えでご不在とのこと。少し残念でしたが、2軒目、同じく市内のネイマさんへ慌ただしく移動した次第です。


【駐車場:無(近隣にコインパーキング有)、喫煙:不可】


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000