熊本 ・Cafe Jarrett(カフェ・ジャレット) 17/11

熊本市内の繁華街にあるCafe Jarrett(カフェ・ジャレット)さんは、残念ながら九州ジャズロード改訂版の取材に間に合わなかった今年4年目の新しいお店。

水道町のバス停前にあるお洒落なビルのトンネルをくぐった先にあるのですが、全然場所がわからず、右往左往。。。結局、お店に電話して教えていただきました。

中に入るととてもきれいなお店で、お金持ちの立派な応接間に通していただいた感じ。

このお店のウリは何と言っても、現代最高峰のスピーカーの1つ、JBL Project EVEREST DD66000とそれを鳴らすマッキントッシュ、リンのクライマックスDS等、マニア垂涎の高級オーディオ群。。。極端な話、珈琲一杯で自分の愛聴盤を憧れの機器で聴くことが出来る場所、ということで、ジャズ、そしてオーディオ・ファンが全国各地からわざわざ来られたりするそうです。

リクエストももちろんですが、レコード、CDの持ち込みも受け付けていただけるので、訪問される際には、ご自分の愛聴盤を持って行くことをオススメします。マスターが「デッドに仕上げた」とおっしゃるこの空間で、ご自身の愛聴盤が一体どのように響くのか、これは試してみないと絶対に想像がつきません。

ちなみに私自身は、こんな空間の音の作り方・鳴らせ方は全く想像もしていなかったので、オーディオ・マニアの一人として、とても考えさせられました。


あと全くの余談ですが、このお店の中で一際輝いているのが、これ!

北斗の拳 ケンシロウの胸像。世界で二体しかない希少なものだそうで、もう一体は原作者のところにあるだけ。。。というのも、何と弟さんが元少年ジャンプの編集長!

こちらのリトグラフも10枚しかないとのことで、北斗の拳世代の私としては、これを見れただけでも満足だったかもしれません。笑

尚、ちょうど伺った時、もうリッピングしたからとご所蔵のCDを1枚500円という特価で売り出し中!その辺では入手出来ない盤も多くあり、ここぞとばかり喜び勇んで大人買い。。。とてもいい勉強をさせていただき、貴重な物を見れただけでも満足だったのに、こんないい機会に巡り合えて本当に幸いでした。どうもありがとうございました。


【駐車場:無(近隣にコインパーキング多数有)、喫煙:不可】

(※)このお店にご興味のある方は、営業時間も含めて事前に電話確認された方が無難ですので、念のため。


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000