福岡 大名・Jazz Club KINGFISH(キングフィッシュ)大名店 17/12

福岡・天神南駅付近で飲食店が特に多い大名・警固地区のど真ん中を横切る国体道路沿いにあるJazz Club KINGFISH(キングフィッシュ) 大名店さん。お店の前を通る毎に、派手な看板とガラス越しに見えるライブ用の設備が気になっていたのですが、今回、ようやく行ってきました。

間接照明主体で暗めのお店に入るとカウンター、テーブル席があり、店の奥は国体道路に面した大きなガラス、その前にライブ・ステージがあり、いい雰囲気。

このお店は1日に何回かライブ・タイムを設けておられるのですが、私が行った時間がちょうどライブの谷間で、次のライブ・タイムに向けてお客さんがどんどん増えていき、最終的には何と20人弱とほぼ満席のお客さん。

お店はバーテンダーの店長さんと料理長さんのお2人で切り盛りされておられるのですが、一気に増えたお客さん対応で大忙し。。。ただ、お客さん全員の注文したものが全て届くまでライブが始まらず。。。何故?!

それは何と、ベースはさっきまでオーダーを聞いておられた店長さんで、ドラムは料理長さんだから!

そこに、HP記載のゲストプレーヤーが入るのですが、ジャズの名アルバムのタイトルをパクると、The Guest Player Meets The Rhythm Sectionと言ったところでしょうか?

そしてライブ・タイム中は、お客さん対応の店員さんがいなくなりお代りも出来ませんので、ご注意を。笑

1曲毎に店長さんが曲紹介等のMCを挟んで進められるのですが、馴染みやすい曲を中心に選曲されておられるので、ジャズをあまり聴かれたことがない方でも十二分にジャズ・ライブが楽しんでもらえる趣向。。。このシステム、すごくいいですね!

どうしてもジャズ・ライブに誘うとなると、時間・価格的にちょっと敷居が高い感じで敬遠されることが多いのですが、これなら気楽に誘えるし、何より楽しい!

何ステージ聴いてもチャージ料は同じなので、結局最終ステージまで聴いてしまいましたが、最後の季節外れのサマータイムは何だか夏にはない(?)重量感のある熱のこもった演奏で特に印象的でした。

ライブが終了した25時以降はジャズの流れるお洒落なバーに。

この時間からは店長さんが一人で切り盛りされるのですが、とても明るく楽しい方で、笑いながら色々なお話をさせていただきました。。。例えば、どういう経緯からそんな話になったのかは忘れましたが、彼女と初めて料理を作ることになったものの、自分の方が上手な場合、彼女にどう接するのか?

店長さんはそんな時、自分の方が上手いことはおくびにも出さず、うまく彼女をおだてながら立てながら一緒に作り、美味しく出来ても失敗しても一緒に笑って楽しい時間を過ごす。そして、最終的には徐々に教育してレベルアップしていくのだそうです。。。表舞台に出ないものの実権を握り、最終的に自分のやりたい音楽を実現するというまさにベーシストらしい性格が表れたエピソードで思わず笑ってしまいました。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎ去るのはいつもの如く。。。また機会を作って寄りたいと思いましたが、その前に天神・ブラウニーさんで知り合った方に教えていただいたKINGFISH周船寺店さんに行ってみます!


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000