川上俊彦さん(b)「追悼ライブ」のご案内19/09

博多の現役最年長プロベーシスト 川上俊彦さんが2019年8月31日15時20分頃永眠されました。。。という訃報を読んだのは、当日夜のFBでしたが、驚いて一瞬絶句してしまいました。

というのも、ちょうどその訃報の前日、たまたま、九州ジャズもん列伝Vol.2で取り上げた久留米ジャズ・クラブ代表の江越さんに電話したのですが、その時に大絶賛されたのが、遺作となってしまったこの「Works」というCD。そして、江越さんがあんなに褒められたのだから、きっといいに違いない。レコ発ライブがあったら聴きに行こう!と思ったばかりだったので。

私が川上さんのライブをお聴きしたのはたった一回だけでしたが、福岡・井尻のALFIE(アルフィー)のママご勇退カウント・ダウン・ライブだったこともあり、とても感動的で、福岡の人気歌姫の一人 MAYUMIさんが心から安心して歌えるベーシスト、というのが、その時の印象。

今回、レコ発ライブが追悼ライブに変わったとのことですが、ベースに丹羽肇さんが入られ、 以前聴いたMAYUMIさん、緒方公治さんに加え、私の大好きなSax 浦ヒロノリさんもご出演になられるとのこと。

福岡にいたら絶対に行くんだけどなぁ。。。と思いながら、現在スケジュール調整中です。


いずれにせよ、川上さんのご冥福をお祈りいたします。


「クラシック演奏会/ジャズ・ライブ」の目次へ戻る

九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000