熊本・Jazz Inn おくら ①14/03

 

桜が咲き始め、春の匂いがし始めた夜、熊本城下のアーケード街 上通りを抜けてすぐにあるJazz Inn おくらさんに行ってきました。

おくらさんのアンプは地元メーカーの特製で、ずっと見ていても全く飽きないきれいな管球式。これで、JBLのユニット(4333A他)を組み合わせたこれまた特製スピーカーを鳴らしておられるのですが、シブく歌う音をこれがまたこのお店の空間に実にマッチした適度な音量で流されておられるものですから、気持ち良く音楽に浸らせていただきました。

しかし、このお店のスピーカー、このLIVEと描かれた絵の下がスピーカーですが、何とも驚いたことにカウンターと同じ高さ。。。見た目にも物理的にもいくら何でもちょっと低い気がします。。。

ところが実際には音の高さはちゃんと出ており、それが本当に不思議で何か他の仕掛けがあるのでは?と思わずスピーカー周りをうろちょろしてしまいました。笑

恐らくスピーカーの音離れの良さとそれほど高くない天井や細長い店内をうまく組み合わせられた結果なのでしょうが、マスターの感性の高さに 感心した次第です。

尚、このお店の更に特筆すべき点ですが、これまで訪ねたお店の中で一番女性を口説きやすいのでは?と思いました。笑

曰く、近寄って小声でボソボソしゃべってもお店の雰囲気に合ってる上、会話が途切れても音楽に聴き入れば、それはそれでいい時間が流れる。。。ね?いかにも口説きやすそうな感じですよね?

と思っていたら、本当にそんな輩が!

50代の紳士が女性をエスコートしてカウンターへ。肩を寄せちょっとJazzのウンチクを語り、一杯だけ飲んでそそくさと出ていかれましたが。。。

はてさて、このお店の効用はいかがだったのでしょうか?笑

でも、そういう使い方をする人がいるのもわかるお店であり、また店内の小物やポスターが色々楽しくて、ついつい長居したくなる人がいるのもわかるお店でもあります。

またマスターにも色々お話をお伺いしたのですが、地元熊本でのJazz振興にも積極的に関わっておられるそうで、この店内での地元ミュージシャンを呼んでのライブや街挙げてのJazzフェスティバルにもご協力されておられるとのこと。

またそのイベントがある頃には伺いたいなぁと思っています。

ちなみに、当日のライトアップされた熊本城です。。。

儚く美しい夜でした。。。

【駐車場:無(近隣にコインパーキング多数有)、喫煙:可】


その他のおくらさんのページへ ②14/06 

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000