ロードスターのプラモデル

 

ロードスターの納車待ちのある日、ふと部屋に置きたくなったもの。。。それは、ロードスターの同形同色の模型。笑

きっといいミニカーとかがあるに違いないと考え、ネットで検索してみたところ、カッコいいのがあったものの、一世代前のものということもあり、既に売り切れ。。。

そこで、悩みに悩んだ末、プラモデルを買うことに!

このプラモデルはRS型(外装は白色、内装・幌は黒色)で、自分のはVS型(外装は深緑色、内装・幌はタン色)だけど、色を塗れば、まぁ何とかなるだろう。。。と軽く考えたのに、じゃあ、何を悩んだのか?

今回のポイントは、外装をきれいに深緑色に塗装して、ピカピカに仕上げること。。。そう、俗に言う鏡面仕上げ!

鏡面仕上げのやり方も、ネットで懇切丁寧に説明されておられる方がいらっしゃるので、理解はしたものの、う~ん。こんな大変なこと、俺に出来るのか?!

そうだ!代行サービスがあるに違いない。。。とあっさり逃げを打って探してみたところ、多くの業者さんがいらっしゃる。。。でも、どこも高い!!プラモデル代が2千円もしないのに、1万円以上?!

わかった。。。自分で作るっ!笑

こうして紆余曲折はあったものの、新しいことを始めると何となく楽しいのも事実で、嬉々として色を塗っては乾かし、組み立て、気に入らないと言っては塗り直し、また組み立て。。。とうの昔に納車も済んだある日、ようやく外装塗装に!

内装塗装は邪道だと思いながらも油性マジックを活用してラクしたものの、外装はそうはいかない。。。塗料スプレー、ラッカー、粗目から細かいものまでの各種紙やすり、そして仕上げのコンパウンド等を買い揃えていったら、結局プラモデル代より高くついちゃった。。。苦笑

とは言え、初めて行った模型屋で見る風景は実に新鮮で、これもまた良し。。。天気のいい休日を選んで、ベランダに段ボール箱で囲いを作って。。。張り切って、ぷしゅ~!!

な、何と!深緑色の深さが全然足りない。。。涙

一瞬茫然としたものの、まっ、しゃあないか!とすぐに気を取り直して、塗っては乾かし、乾かしては紙やすりで研ぎ、研ぎ過ぎて地が出ちゃった、デコボコになったと言ってはまた塗り直し。。。その内、シールも貼って、その上にラッカーを塗って、また乾かして研いで、またラッカー。。。

外装も苦戦しましたが、その一方、幌も大変でした。。。最初は塗装に塗装を重ねてみたものの、全く感じが出なくて。。。これが外装も併せて途中経過。。。

仕方がないので塗装を諦め、何となくそれっぽい布を貼り、でもやっぱり気に入らないからと剥がして、また貼ったり、試行錯誤。。。

そして!

欲しくなってから早3か月?とにもかくにも、ようやく完成!!

こうして相当時間を掛け、苦心して出来上がったこの車。アラはたくさんあるものの、スピーカーの上に飾って大満足、おなかいっぱいです!

今回、初めてプラモデル作りに挑戦してわかったこと。。。塗装を乾かすのも含め、本当に手間と時間がかかること、凝りだしたらどこまでもキリなく出来るので、大人の趣味として立派に成立していること。。。そして何より、代行サービス屋さんの費用は決して高くないこと、でした。笑

どなたか、余った塗装スプレー、ラッカー、各種紙やすり、コンパウンドを引き取っていただける方、いらっしゃいませんか?



汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000