佐賀・Music Inn くーぷらん 17/03

会社に車で出勤したある日のこと。。。思いの外、早く上がれそう、すっかり春の陽気が感じられるし、夜の山道の凍結もほとんど心配する必要がなくなってきた?等と思うと居ても立ってもいられなくなって、久しぶりに仕事後、山を越えて佐賀のジャズバーに行ってみるか!と思い立った。。。これが、このサプライズだらけの夜の始まりでした。。。

山道を機嫌良くドライブして、もはや迷うことなくたどり着いたのは、4度目のチャレンジとなるシネマテークさん。。。今回は何と「本日閉店」?!

看板等の灯りはついていたので、きっと気ままな閉店なんだろうなぁ、とは思ったものの、慣れてきたせいか、こんなこともあるさとあっさり諦め(笑)、これまで足を伸ばせなかった近くにあるはずのMusic Inn くーぷらんさんへ。

ところが、九州ジャズロードのいい加減な地図を頼りにその辺りを探したものの、お店がない?!

これは先日の宮崎遠征でお店が無くなっていた時と同じ流れ?きっともうないんだ等と妙に確信を持ちながら、あの日の経験を生かして、お店へ即電話!あっ!?つながった。。。あった。笑

教えてもらったとおり、お寺の横の駐車場に車を停め、南に歩くこと1分、ありました!

が、入ってみると、カウンターの奥も意外に広そうなお店に若いマスター?息子さん?がお一人。。。これって、もしかして、マズい?!

というのも、九州ジャズロードによれば、このお店はご主人、もしくは息子さんの伴奏によるママの歌がウリのお店なのですが、その肝心のママがいないとなれば、一体何のためにこのお店に来たのかわからない!と思った訳です。

ところがところが!その若いマスター~やっばり息子さんでした~が誰かと電話して、数分後に登場!広子ママ!!

さすがにママ。華があるというのでしょうか、何だかお店の雰囲気が明るくなり、5年ほど前、ご主人=先代マスターの逝去をキッカケに少し南に下がった繁華街寄りのこの場所に移転した、九州ジャズロードの新しい版には新しい住所を載せてある、等の話で場が少し温まったところで、おもむろにマスターが奥に移動して、トランペットを触りながら、「じゃあ、ちょっと演奏しましょうか?」って、「えっ~?!マジで???」

客一人にトランペット一人。。。トランペット・ソロで一体、何を?!と思っていたら、世の中、色んな物があるんですね。。。トランペット用ジャズ名曲カラオケ?!

そして、それをバックに演奏を始めたマスター。。。これが失礼ながら、ありゃ?上手い?!

ホッとして、演奏を楽しみ、惜しみなく拍手。。。と、その後、マスターがピアノ伴奏に回り、ママとのデュオへ。。。客観的に見れば、客一人に演奏者二人?!

そして、これがまた失礼ながら、ママの歌とマスターのピアノの息の合い方が絶妙でなかなかの聴きもの。。。アンコールのシャンソンでは、マスターの左手でビアノ、右手はピアニカという妙技に乗って、ママのノリにノッたダンスまでご披露いただき、思いもよらず感激。。。

後で聞いたところ、ママは朝日カルチャーセンター等で歌の先生、マスターも昼間は奥様のヴァイオリンの伴奏をするプロのピアニスト。。。

どおりで上手いはずですが、聴かされる側にも心の準備が必要で、「先に言ってよ~」でした。。。苦笑

そして何より!

自分一人のために演奏してもらった等という初めての経験でもあった訳で、とても贅沢、かつ、幸せな時間でした。。。本当にありがとうございました!

演奏の後も先代マスターと作った思い出のCDを聴きながら、ママが初代ジャニーズ(?)とのデート企画に当選した話やら何やらで盛り上がり。。。楽しい時間は過ぎ去るのが早い!を実感しながら、高速で帰途についたのでした。


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000