長崎・Kitty House(キティ ハウス) 17/11

1975年開業の老舗、長崎市内のKitty House(キティ ハウス)さん。。。諸事情により九州ジャズロード不掲載店ですが、本来なら載っていたはずのお店。

うちはジャズを名乗る店ではない、とおっしゃるマスター、ライブのために一部吹き抜けの高い天井に改築したという一軒家、50年代のジャズのレコードがその高い天井の下に置いてあるJBLの2Wayバックロード・ホーンで鳴らされているお店。

尚、このお店を訪問するのにグーグル・マップは役に立ちますが、如何せん、長崎は細い小道が多い街。迷子になっても、それはそれ。お店に電話するも良し、そのまま最後まで探して辿り着くも良し。。。狭い道を進んだ先にこのお店がいきなり広がっているのを見つけられた時は、迷子度合いがひどければひどい程、感動出来ます。笑

最近復活したとおっしゃるとても美味しいマスター特製カレー。常連さんによれば、ソバのペペロンチーノなるメニューもあるとか。。。

変わったものがあると話題に上ったこのコーラ。色んなものを出されておられる無印良品さんにも感心しましたが、それをお店にいち早く取り入れられるこのお店の感性。。。

楽しい雰囲気の中、会話は実に多岐にまたがり、色々考えさせられる話もあったりと3時間程度いたぐらいでは全くそのしっぽも掴めないお店。今回はこれから常連さんが来るはずという時間に帰らざるを得なかったため、本当に残念。常連さんの皆様ともお話がしてみたかった。

老舗のバーの魅力はやっぱりハンパありません。。。

色々お話した中でも特に興味深かったのは、書き手の主観の問題も含めたネット情報の不確実さと読み手の思い込みという現代ネット社会でよく起きている現象について。

曰く、ある情報がネットに乗ってしまうと、それが間違っていても、その後変化していても、その情報は正しそうな顔をして生きていて、更にはそれを信じる人が必ずいる。

もっと具体的に言えば、このお店は現在、ペンションは営んでおられませんし、最近、ライブも開かれておられません。また最近、プール・バーを閉鎖されました。

私がこのお店を訪問した2017年11月25日時点のこれらの情報や写真がネットですぐにわかるのは、恐らくこの記事だけ。笑

が、あくまでこの記事は、私の主観を通して綴られた文章であり、この記事を書いた2017年11月27日時点では最新かもしれませんが、時間が経てば必ず風化します。更にはもし今後、この情報やお店のリンク先が変わっても私はメンテしきれないでしょう。

便利な情報社会の落とし穴。ネット情報の取捨選択・疑いを持って探る大切さ。

もしこのお店の真実が知りたい方は、ちゃんとお店に足を運び、ご自身の眼で確認してくださいませ。


<追記>ちなみに、このお店の最新情報を得たいのであれば、お店のFacebook をご覧になられるのが一番いいと思います。。。これも当然、現時点、の話ですが。(参考:お店のHP


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る




汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000