ジャズ☆スポットに行ってみませんか?【①序章】

平成が終わり、令和が始まろうとしている今だからこそ、日頃思っていることをコソッと言ってみたい。

一度、ジャズ☆スポットに行ってみませんか?

ジャズ喫茶さんやジャズ・バーさんからいつも元気をもらっている私としては、これらのお店がどうにもパワースポットの一種としか思えず(笑)、「ジャズ☆スポット」と総括して呼ばせていただきますが。。。令和元年に向けて3回シリーズぐらいで、ジャズ☆スポット未体験の方を少し誘ってみたいと思います。

♪1.ジャズ☆スポットは敷居が高い?

「ジャズ☆スポットなんて何だか敷居が高くて行きづらい。何だか怖そうだし、ジャズをよく聴くおじさんだけが行くお店でしょ?」。。。確かに!私も最初はそうでした。苦笑

でも考えてみてください。今は居酒屋でもBGMにジャズが流れる時代。

しかもそのジャズは、昔あったBGM用のいわゆるライトなものではなく、ジャズ通も聴けるような本格的な演奏。それが誰でも違和感なく、BGMとして聞き流せる時代(注)。。。そう、時代は確実に動いています。

♪2.ジャズ☆スポット側の事情

実は今、ジャズ☆スポット側も今、一番面白い時代を迎えています。

昔ながらのジャズ喫茶の本流の精神を頑なに守り、独特な緊張感が漂っているお店、昔ながらのお店の風情を保ちつつも、柔らかい雰囲気を醸し出しているお店、常連さん達だけでなくおしゃべり好きのお姉さん達も愛用出来るお店から、本格的に流れるジャズは単なるリラクゼーションの一つの仕掛けというオシャレなお店まで、ジャズ☆スポットがこれほど多様化した時代はないと思います。

♪3.ジャズ☆スポットと普通の喫茶店やバーとの違い

どんなお店でもジャズがかかっているから、ジャズ☆スポットとの見分けがつかない!?確かに!笑

でも、その違いは明確です。。。それは、ジャズの魅力の伝承者であるマスター/ママの存在。ジャズ☆スポットには必ずジャズの魅力にハマっているマスターやママがいらっしゃいます。

単にそのお店の雰囲気を味わうだけでもいいですが、そんなマスターやママと会話することでその体験が深まることは間違いありません。

♪4.一度、ジャズ☆スポットに行ってみませんか?

ちょっと非日常感を味わうのにこんな手頃な場所はないし、旅行の夜にもう一つ入れるアクセントとしても最高だし、何よりジャズ☆スポットって、ちょっとお洒落っぽいような、大人っぽいような感じがして、カッコいいと思いませんか?

まずは何も考えずに騙されたと思って。笑


次回はジャズ☆スポットに行ってみませんか?【②基本編】と題して、お店の探し方やその楽しみ方、初訪問する時に注意したい点等を書きますので、引き続きよろしくお願いいたします。

(注)「本格的なジャズが、誰も違和感なく、BGMとして聞き流せる時代」。。。これは、日常TV等で流れる音楽が高度化してきたことに対し、聴き手の受け入れレベルも意識せずに向上。複雑なコード進行・リズム等が一般化した結果、本格的なジャズも何の違和感もなく、受け入れられるようになってきたのではないかと推察している次第です。

尚、東京・四谷のいーぐるさんでかかっている音源が有線でそのまま流れているのは、以前ご紹介したとおりです。

また、ジャズは聞き流せる上にカッコ良さ、おしゃれな雰囲気も演出出来るので、お店にとっては本当に都合がいいと思います。。。歌があると口ずさんだりして、飲食が止まる可能性がありますから。笑

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000