【番外編】こんな夜には。。。

雨がパラつき、少し肌寒かった夜のこと。

その時、私がいた場所は、行きつけの福岡のとあるバー。


住宅街の中にあるこのバーは、知る人ぞ知る隠れ家的でお洒落なお店。

ママの独特な感性、ピアノの音色がとても美しく響く空間、こだわりのお酒や選曲等々、何かが気になり通ってしまうお店。

久しぶりにこのお店を訪問し、閉店まで1時間を切った21時過ぎ。

最後に、工藤 隆氏のピアノが聴きたくなった私。


ママにリクエストし、そのソロ・アルバムが流れ始めた直後のこと。

入ってきたのは大学生と思しき若いカップル。

彼らが座ったテーブル席は、スピーカーに相対峙していた私の目の前。

少し幼い顔つきの彼らにどことなく漂う緊張感。


メニューを見て、お酒についてママに質問する男。

ママとの会話に少し緊張感が解けたのか、初めて二人が見せた笑顔。

注文したお酒が運ばれ、美味しいね!と明るく語り始めた二人。

彼らから視線を外してカウンターの方を向き、ママと会話し始める私。


静かな空間に響きわたるピアノの冴えた音色、その緊張感を伴う独特な音使いやリズム。

しばらくして気がつくと、めっきり口数が少なくなっている二人。

もし気持ち良く酔えるジャズを期待して来たのなら、悪いことをしたかなぁ、等と思っていたら、男が立ち上がり、コートを羽織って、ママに一言。


ありがとうございました。私だけ先に立ちますので。


小型のスーツ・ケースと共に静かに立ち去っていく男。

立ち上がることもなく無言で座っている女。

その後も残されたテーブルで表情もなく、一人、居残り続ける女。。。残ったお酒を飲んだりしているものの、心はここにない様子。


連れの福岡最後の夜だったんです。

彼、ずっとこのお店に来たがっていたので。。。今日、来れて良かったです。


これはしばらくして彼女が立ち去る際、ぽつんとママに言った言葉。

詳細は不明なものの、どうやら就職のため男が東京に旅立つ記念すべき日であり、彼らにとってとても貴重でかけがえのない時間だった模様。

そんなことを考えていると、思わず蘇ってきた数十年前のある場面。長い間、思い出すこともなかったその鮮明な記憶のほろ苦くも、甘酸っぱいこと。。。そして、ちょうど閉店時間。

彼らとその思い出を演出したこのお店とママに、今後、幸多からんことを!

【追記】新型コロナ・ウィルス騒動で大変なこの時期だからこそ、書きたかったこのお話。ぎりぎりとは言え、エイプリル・フールの日に記したのがミソではあります。。。さてさて、どこまでが事実でしょうか?ご想像にお任せいたします。笑


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る



0コメント

  • 1000 / 1000

汝が欲するがままをなせ

九州でのジャズ冒険を中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。 ♪新しい秩序、様式が生まれる時代の幕開けです。この混沌を積極的に楽しんでいきましょう。危ぶむなかれ、行けばわかるさ、です。笑