福岡・大牟田 喫茶 道楽堂 16/09

 

今回のJAZZ・バー/喫茶巡り、久留米のEight Modernさんの次にお邪魔したのは、福岡と熊本の県境にある大牟田市の喫茶 道楽堂さん

きれいに手入れされた庭のご自宅の前にある整体治療院と備前焼販売店を兼ねた喫茶店。。。確かに九州ジャズロードに書いてある情報どおりと言えばそのとおりですが、お店に入る前は一瞬躊躇してしまいました。苦笑

入ってみると確かにピアノがあり、カウンターがあり、テーブルと客席があるのですが、スピーカーの奥には治療用の畳の間もあり、ここは喫茶店?という実に不可思議な空間。。。

立派なガラードのレコードプレーヤーに真空管アンプ、低域用に38cm口径のパッシブラジエーターを備えたJBLのL220という凝ったスピーカーをそれなりの音量で、音離れのとってもいい音を鳴らしておられたのですが、それでもやっぱりここはジャズ喫茶?という感覚がぬぐえませんでした。。。

というのも、他のお客さんは近所の方々でしょうか?単にくつろぎに来たという感じが嫌味もなくすごく自然で。。。気持ちのいい昼下がりの時間、お店の窓から見える風景も実に気持ち良く。。。

何より朴訥としたマスターのそばにいらっしゃる麦わら帽がとっても良くお似合いのチャキチャキした奥様が本当に素敵な方で。「ロードスター、素敵ですね!」と笑顔で褒めていただいたのもありますが(笑)、「これ、うちのご自慢!」と出していただいた手作りヨーグルト。マスターが摘んで来られたブルーベリーのジャムがまた絶品で美味しかったこと!

そうこうしている内に「これもご自慢!」と出していただいたこの手作りシソジュース!とてもきれいで、これも美味しくいただいたのですが、まぁ、本当に居心地のいいこと、この上なく。。。こんな健康的な雰囲気、これもジャズ喫茶???

月に1度のセッションの日にはまた違った光景が見れるのでしょうが、最後までジャズ喫茶に来た感じがしませんでした。。。

マスターのサインの横に描かれたピアノの上でおどける子猫。。。お茶目な奥様らしい絵で、とっても素敵なページになりました。ありがとうございました。


今回のJAZZ・バー/喫茶巡りの最後にお邪魔したコルトレーン・コルトレーンさんへ

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000