大分・由布院 Living Cafe あーでん ①14/01

先日、大分は由布院にあるカフェ・あーでんさんに行ってきました。

福岡から大分自動車道で、約2時間で到着。。。

幸いにして、オープンで走るのに最適な天気で、気持ちの良いドライブでした!

このお店のメイン・スピーカーは、パラゴンという1960~80年代のJBLのトップモデル(注)。

意外なほどさらっとした清涼感のある音、会話も出来るぐらいの適度な音量、そして、これが真似ようもないのですが(苦笑)、二階まで吹き抜けで、しかもコンサート・ホールみたいな段差をつけられた高い天井が醸し出すゆったりとして伸びやかな響き。。。これらの要素が絡み合って奏でられるこのお店の音楽には、コーヒーを飲みながら、本を読みながら、リラックスして、ゆったりとした、といった「幸せな休日の昼下がり」的な形容句がよく似合います。

パラゴンの前のかぶりつき特等席に座るも良し、ぼぉ~っと考え事をするのに最適な2階席(タバコも吸えるので。。。笑)に移動するも良し、その時の気分や用途によって使い分けが出来るのも嬉しいお店です。

尚、このお店での注文の基本はコーヒーとアップルパイのセットだと思いますが、カレーライスも美味しいので、お腹が空いた時にはおススメです!

ちなみに、ママさんにも九州ジャズロード掲載ページへのサインをお願いしたのですが、面白いものですね。飾り気のないお人柄がそのまま出ています。。。笑

あと写真ではよくわからないと思いますが、パラゴンの両横に、別の大きなスピーカーが鎮座しています。以前紹介した岐阜の画廊なうふ現代にあるのと同じ、大好きなタンノイRHRで、通常であれば午前はタンノイ、午後はパラゴンを鳴らしておられる、はずだったのですが。。。

実はこのお店、JABからの派生で知り合った大分の方に教えてもらい、一度お邪魔したことがありました。ただ、その時はたまたま午後に着いたので、タンノイを聴くことが出来ず、今回はそれも楽しみに出かけてきたのですが、今は諸事情により聴けないとのこと。。。しかも、お店のHPをよく見たら、そのお知らせが書いてありました。苦笑

まぁでも、すごくリラックスしたいい時間を過ごせたし、まっ、いいか!です。

今度はちゃんとHPをチェックして、また聴けるようになったら聴きに行きますので、続編をご期待くださいませ。

最後に。由布院=湯布院の有名なものと言えば、やはり温泉!

その透明度の高いお湯は、一見しても普通のお湯にしか見えませんが(笑)、浸かってみないとやっぱり温泉はわからない。。。ものすごく気持ちがいい!

あーでんさんに行ったら、どこかに寄らなきゃ損です。。。そりゃ、泊まれれば、一番いいのですが。苦笑

<おまけ>

由布院と言えば、最近はロールケーキ!だそうです。。。

ということで、その推進役になったというB-speakさんのPロールです。

こちらは、「予約しないと買えない」という下調べをちゃんとしていたので(笑)、無事ゲット。。。これは、確かに予約してでも、買う価値ありです!!


(注)その他のシステムは、マーク・レビンソンやマッキントッシュ等のアンプに、CDプレーヤーはC.E.CのトランスポートにWadiaのDACと凝った機材を使われておられます。

【駐車場:有、喫煙:不可】


その他のあーでんさんのページへ ②14/09

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000