北九州・Jazz&Cafe PENT HOUSE(ペント ハウス)

今回、北九州は小倉までクラシックの演奏会を聴きに行った帰りに、なかなか機会のない北九州ジャズ・バー・ツアーを企画しました。。。まずは前回行ったもののちょうどライブの日でマスターとお話が出来ず残念だったELLE EVANSさん!だったはずが、電話をしたら「今日は夜は閉めます」とのこと。。。苦笑

行き当たりばったりの無計画の計画の楽しさ、次の候補 PENT HOSEさんに電話したところ「夜は7時から」とのこと。小倉から北へ行くはずが西の八幡へ、こちらも腹ごしらえをして、いざ出陣。

こじんまりした人通りの少ない商店街のロータリーに面したとてもジャズのお店に見えないPENT HOUSEさんを発見。。。隣の方からジャズっぽい音が聞こえてきたものの練習らしいので、とりあえずお目当ての。。。Jazz&Cafe PENT HOUSEさんへ。

入ってみるとジャズは流れてはいるものの、普通の定食屋さん?しかも、開店時間の7時を少し過ぎただけにもかかわらず、既に常連さんお二人がカウンターでマスターとママさんと結構盛り上がって雑談中。。。メニューを見たら、本当にご飯メニューが豊富。。。

もしかして、ここで食べた方がマスターに感じが良かった?!等と苦笑して珈琲を啜りながら、お店を観察。。。

左が入り口ですが、そこにぶら下がっている自作のスピーカーが何とも珍しく、カウンター側のスピーカーも含めて4スピーカー体制。。。機器もそれほど大掛かりなものは使われておらず、オーディオ的にはお世辞にもいい音ではないものの、ただ本当に面白いもので、このお店の雰囲気にマッチした実にくつろげるいい音で、妙に感心してしまいました。

そうこうしている内に常連さんが早々に退散。。。また別の常連さんカップルがご飯を食べに来られましたが、カウンターが空いたのでここぞとばかりマスターとママさんとおしゃべりさせてもらいました。

九州ジャズロードの取材時にはマスターは入院中だったものの、今は問題なく、この店でライブをやる時のこと等、ジャズの話になると熱を帯びて楽しそうに話をされておられるのも印象的でした。

それにしても、スピーカー始めオーディオはお客さんがメンテしている、新商品「高炉焼きカレー」のポップなんかもお客さんが作ってくれた等々、常連さんから愛されているのもよくわかる本当にいいお父さんとお母さん。。。今年は特に寒いので、くれぐれもお元気で!と願いながら、この流れの次のお店へ移動。


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000