熊本 八代・Jazz Bar FIRST(ファースト) ①17/11

お店は365日、台風が来ても朝3時までちゃんと開けるとおっしゃる熊本の南部、八代(ヤツシロ)の繁華街にあるJazz Bar FIRST(ファースト)さん

この前に訪問していた宮崎・都城のOLD EARTH(オールド・アース)さんを出る時間が遅くなったので電話で確認したのですが、冒頭のお言葉どおり、少なくとも27時まで営業しているとのお答えだったので安心して移動。。。到着したら25時を過ぎていましたが、ママが飛びきりの笑顔で迎えてくださいました。

立派な入口の扉を開け、お店の中に入ってまず驚いたのはその明るく広い空間。天井は多少高い程度ですが、グランドピアノとドラムセットが余裕で置ける横幅とその倍はある奥行き。

そして、その奥に黒光りしながら鎮座している超弩級スピーカー。もう30年鳴らし続けているという現代JBLの最高峰 初代EVEREST D55000。

それをドライブするアンプはマーク・レビンソンとマッキントッシュ、プレーヤーはヤマハGT2000とマーク・レビンソンですが、音響的にも色々工夫が施されたこの空間と実にマッチした過不足を感じさせないバランスの取れた素晴らしい音。迫力的にも問題のない大きなボリュームで、余計なことを考えず、ジャズを、それぞれのアルバムの良さを、心行くまで気持ち良く味わうことが出来ます。

このオーディオ・システムだけでも十分魅力的なお店だと思いますが、それ以上に魅力的なのが、このシステムを組み上げたマスターその人。

まずは、マスターとお客さんとの対話。神戸から出張で来たお客さん(注)がいらっしゃったのですが、この方は若いのにマスターも感心するぐらいのジャズ好きで、仕事が翌朝からあってもジャズ・バーを探し出して楽しむ典型的なジャズ者。

その彼とマスターとのレコードを通して行われた知的な対話は、テニスのラリーにも似ていて、横で観戦(?!)していて本当に面白かった!

彼の好みを推し量って、これ、どう?貴方ならきっと気に入るんじゃない?とばかりマスターが掛けるレコードに、これ、いいんですよねぇ~、と思わず唸ったものの。。。

じゃあ、次はこれをお願いします、と反撃に出る彼に、あぁ、それ?よく知ってるねぇ、と嬉しそうに反応するマスター。

じゃあ、ちょっと雰囲気を変えるけど、この辺りはどう?よく聴き込んでいる人の方がよくわかるんだよね、とちょっと毛色の違った名盤を掛けるマスター。。。彼もマスターも本当に楽しそう。

単なるジャズ・マニア同士の対話には違いないのですが(笑)、彼もジャズについての知的好奇心が満たされたようで、大満足してホテルに戻られました。

開業されてから42年にして、未だに一見の客とジャズについて対話することに飽きていないマスター、ということでしょうか?

その他、常連さんで本当によくジャズを知っておられる方のリクエストに応えたり、近くのママが連れて来たジャズ好きのお客さんの応対をされるその姿からもジャズ愛が溢れるマスター。

更には、お店が終わって帰宅されてからもまたご自宅でジャズを聴き続けられるというマスター。。。しかも、写真を見せていただいたのですが、これまた凝ったシステムでびっくり!

その稀有なオーディオ・マニアぶりとジャズへの飽くなき愛に心から畏敬の念を抱きました。

あと、このお店にはサービス満点の素敵なママがいらっしゃるのですが、マスターとのやり取りも呼吸ピッタリで見ていて微笑ましい限り。

マスターは私一人になってからも色々良くしていただいて、私の好みを推測されたレコードを掛けていただいたり、このお店で行われたライブ録音も聴かせていただいたりしている内に、気がついたらもう28時前。。。

御礼を言ってお店を後にしましたが、私自身も大満足。今度伺う時はもう少し余裕を持って行きますので、その時もよろしくお願いいたします。


(注)彼から教えてもらった情報はとても有益で。。。早速購入した「日本のジャズ喫茶論」はとても面白かったので、次は神戸に行ったら是非訪ねてほしいと言われたジャズ喫茶jam jamさんに遠征しようと思っています。

>神戸の彼へ。ご出張、お疲れ様でした。楽しい時間をありがとうございました。

12/2(土)18時頃、jam jamさんに伺う予定です。もしご都合が合えば、ですが、是非再会出来れば、と思います。よろしくお願いいたします。

【駐車場:無(近隣にコインパーキング多数有)、喫煙:可】


その他のファーストさんのページへ ②18/02

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る




汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000