福岡 柳川・JAZZ INN FUNCOOL(ファンクール) ③20/01【二代目マスター情報】

福岡の観光地・柳川、その玄関口 西鉄柳川駅のすぐ側にあるJAZZ INN FUNCOOL(ファンクール)さん

昨年2019年10月の50周年を機にマスターが代替わりされ、元気に通常営業中。

※営業日時はこちらのFBをご確認ください。

ニ代目マスター(以後、マスター)は、30年以上も前からロック/ブルース・シンガーとしてこのお店で演奏したり、お世話になっていたという常連さん。

そして、更には何と!ご当地柳川の名物・川下りのベテラン船頭さんでもあります。

※余談ですが、昨年楽しませていただいた白秋祭での夜の川下りの様子はこちら

一見、苦み走った渋いマスクとスラっとした見た目は確かにロック/ブルース・シンガー?!もしくは、船頭さん?!

実際のところは色々お話させていただける気さくな方なので、その辺りも確かに船頭さん。。。ということで、柳川観光の強い味方でもあります。

今回久しぶりにこのお店を訪問して思いましたが、音は以前と変わらず。。。老舗ジャズ喫茶でしか聴けないいい音。

色々音源を試されたマスター曰く、「ロックはダメだけど、不思議にジャズはいい」。

また、古くからの常連さん達からは「マスターはジャズに詳しくないから、お店の音を変える心配がなくていい」と言われたそうですが、これに関しては私も一票入れたいかも?

というのも、老舗ならではとしか言い様のない、味わい深く包み込んでくれるようなジャズが聴けるお店も九州ではあと数店を残すのみ。(注)

この貴重な音は出来得る限り残していただきたいと切に願う次第です。

ちなみに以前との違いは、カウンターの上を始め、随分店内がきれいになったこと、でしょうか。笑

51年目の老舗にして、開業1年目のお店。

ご開業当時からの常連さん達からすれば、この大切な空間が無事に引き継がれたことをさぞお喜びになっておられると思いますし、このマスターはまだ53歳とお若いので、あと30年は歴史を積み重ねていかれることと思います。

そしてマスターならではの新たな味わいが加わった時、何がどう変わっていくのか。。。楽しみにいたしておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

【駐車場:無(近隣にコインパーキング多数有)、喫煙:可】



(注)老舗らしいジャズの聴けるお店:あと九州で残っているのは、福岡・天神南 JABさん、大分・別府 FUNKさん、そしてこのファンクールさんの3軒。

ちなみにその要件は、30年以上それなりの音量で鳴らし続けられた大口径ウーファーとお店の空間。その結果生まれるのは、お店の空気と深く馴染んだ温かく柔らかいジャズ。。。2018年にママがご勇退された福岡・井尻のアルフィーさんもそうだったなぁ、と懐かしく思い出しましたが、改めて貴重な文化遺産だと思います。

※ご闘病中だった初代マスターは、50周年で代替わりをなさった1ヶ月後にご逝去(その時のFB等はこちら)。お気に入りだったピアニスト ジーン・ハリスのサイン入りジャケットの下で、このお店を見守っていらっしゃいます。

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000