シベリウス 交響曲第3番

今回は私がクラシックを聴くようになってから一番最初にハマった作曲家、ジャン・シベリウスの曲から、交響曲第3番をご紹介します。 

ところで、TDKオリジナル・コンサート(注1)「シベリウス・シンフォニー・ツィクルス(交響曲全7曲を演奏)」って、ご存知でしょうか? もう今から34年前になりますが、1982年、FM東京のTDKオリジナル・コンサートという番組が企画したヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団創立100周年来日公演のタイトルですが、それは極めて画期的なイベント(注2)でした。

 そしてそのライブ録音は全曲放送されたのですが、その後何度もアンコールとして放送される人気ぶりで、遂にはCD化されたほど。。。それもそのはず、今聴いても実にレベルの高い演奏で、未だにその魅力は減じていません。 

更にこのオン・エアーの影響と言い切っていいと思いますが、この後、日本クラシック界におけるシベリウスの認知度が大幅に上がった(注3)という歴史につながります。

 さてその当時の私ですが、クラシックを聴き始めたばかりでしたので、シベリウスがどういう位置づけの作曲家なのか、ヘルシンキ・フィルがどの程度のオケなのか、更には、この演奏会がどのくらいすごい事件なのかも含め、全く何もわかっていませんでした。。。ただただ、きっと全曲演奏されるくらいすごい作曲家であり交響曲なんだ!くらいの素直な気持ちで聴いたのが良かったのでしょうか?その素晴らしさに完全にノック・アウトされました。

 この放送を数週間にわたりエア・チェックした録音(注4)は愛聴テープとして何度も聴き返しましたが、その中でも好きでよく聴いていたのが、今回の交響曲第3番で、おススメは当然ながら、このオッコ・カム指揮ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団のライブ盤です。 

この交響曲第3番は、第2番という大作の後に書かれた小さくかわいい交響曲という位置づけにおいて、ベートーベンの第3番「英雄」の後に書かれた第4番のイメージ、でしょうか?ベートーベンの第4番は小さいだけで、意外に硬質でかわいくないような気がしますが(笑)、シベリウスの第3番は本当にやわらかくて、かわいい。。。そして、このイメージがこのおススメ盤のキーワード、です。 

コンドラバスの出だしが印象的でその後の展開部で第4番以降のシベリウスが垣間見える第1楽章。そして、その後に続く第2楽章のピツィカートと木管楽器の掛け合いの可憐で美しいこと!最終第3楽章も最後のコラール風なフィナーレの素敵なこと!!いつ聴いても鳥肌が立ち、涙が出そうになります。。。

先のブラームスの第2番でご紹介した諸井誠さんが「交響曲名曲・名盤100」でこんな感じのことを書いていました。「この曲がこんなに不人気なのは信じられない。どこかのバンドがメロディーを引用してもいいくらい」。。。本当に賛成です!

しかも、元々人気のなかった第3番は他の曲が見直されていく中、ダントツで取り残され、未だに評価もされず人気もなく、残念の極みです。。。が、何故そうなってしまったのか? 

シベリウスの曲と言えば、北欧のイメージというのか、超自然を想像させるような独特な音使いであったり、オーケストレーションであったり、音型等が特徴的なのですが、確かにこの曲は、変な言い方ですが、シベリウス臭が薄い。。。これまでの西欧音楽的に立派な第2番からシベリウス独自の世界に突入する第4番へ変革期の曲、と言ってしまえばそれまでなのですが。。。でも、そういった先入観を抜いて、このライブ盤を聴くとかわいく愛らしい曲なのです。。。苦笑  

でも不思議なことに、他の演奏を聴くとそのかわいい感じがなく、如何にもその中途半端さが目立ちます。第4番以降に対するアプローチを適用して、サワサワするような音型を際立たせて鳴らす余りささくれ立った感じに聴こえたり、第2番の延長で立派に演奏しようして元気が良くなり過ぎたり大袈裟になり過ぎて、演奏がもたれたり、逆にスピードを速めすぎたり。。。この曲は演奏する回数も少ないので、解釈自体も練れていない演奏が多いのでは?と勝手に想像しますが、それは第2番とは違って第3番がそれだけで取り上げてもらえる曲ではなく、交響曲全集という企画でのみ取り上げられる曲、であることもその大きな要因かもしれません。

 この曲は、今のところ、唯一無二のこの演奏でどうぞ。苦笑 


(注1) TDKオリジナル・コンサートはその当時、主流だったカセットテープ・メー カーの雄TDKが国内で開催された演奏会のライブを録音し、そのまま放送する という番組で、この当時のクラシック愛好者にとっては、NHK-FMの海外演 奏会と共にどちらも欠かすことの出来ない両輪であり、その演奏・録音の質の高 さも含め、今となっては考えられない素敵な番組でした。

 (注2) ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団はシベリウスの母国フィンランドの首都 にあり、交響曲第1番から第6番までは作曲家自身の指揮で初演したという歴史 を持つシベリウス演奏のスペシャリスト。レコードもほとんどなく、交響曲第2 番以外ほとんど聴いたことがなかった日本のクラシック愛好家達がいきなり本物 を突き付けられた時に何が起きたのか、情報化の進んだ現代ではもう起こり得な い幸せな事件とも言えます。笑 ちなみに指揮者は2人いて、曲によって振り分けるという形式。交響曲第2、 3、5、6番はフィンランド人で第1回カラヤン国際コンクールの優勝者、その 当時の常任指揮者オッコ・カムさん。そして、交響曲第1、4、7番はフィンラ ンド人を母に持つ、日本におけるシベリウス演奏の第一人者 渡邉暁雄さん、 だったのですが、本当に素晴らしい演奏会が全国各地で繰り広げられました。

 (注3) それまでシベリウスは交響曲第2番だけの作曲家だと思われていたのですが、決 してそうではなく、第5番や第7番等の名曲もあることが、認知されるキッカケ になったと思われます。 またこれを機会にと、日本シベリウス協会が渡邉暁雄さんが会長となって発足さ れ、この演奏に感激した私も早々に入会した経緯がありました。。。

 (注4) その当時、愛用のラジカセでエア・チェックしていましたが、蛍光灯をつけると バチバチッという音が入り、台無しとなるため、家族にこの1時間、絶対蛍光灯 をつけたりしないように!等と注意したものですが、今となっては懐かしい思い 出です。尚、この録音に使ったカセットテープは、SONYの緑色鮮やかな BHFだったことを思い出しました。。。TDKさん、ごめんなさい!


あと今回、この稿を書くに当たってYoutubeを探していたら、フィンランドの指揮者エサ=ペッカ・サロネン指揮スウェーデン放送交響楽団の演奏がアップされていましたので、ご紹介しておきます。これは個人的には第2楽章でもう少しねっとり歌ってほしいとか不満もあるのですが(苦笑)、そうは言ってもなかなか素敵な演奏でしたので、併せてどうぞ!

「クラシック名盤紹介」の目次へ戻る

https://r35s2840.amebaownd.com/pages/692376/blog

 

2016.10.8 17:20


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000