大分 別府・FUNK(ファンク) ALL LIGHT・JAZZ CAFE BAR(オールライト・ ジャズカフェバー) ②17/11

到着したら24時を回っていましたが、前回訪れた時も同席させていただいたピアニストのH氏が今回もお仕事帰りにお寄りになられており、楽しい時間の始まり始まり。 

前回H氏に教えていただき早速購入、既に愛聴盤の一枚となっていたルース・スレンチェンスカのCD。

これを今回ママに聴いてもらおうと持って来ていましたので、他のお客さんがいないのをいいことに早速掛けていただきました。

H氏からクラシックの曲には無駄がなく、ずっと緊張感を保ったまま演奏することが如何に難しいことかを教えていただきましたが、そのタッチの引き出しの多さ・正確さ、リズムの揺らぎ等々、聴くだけでも集中せざるを得ず、バラードの1番が終わっただけでお腹いっぱい。それにしても、このお店のスピーカー、味わい深くてやっぱり好きです。

お疲れのH氏がお帰りになられた後は、前回ここで教えていただいてまた聴きたくなった秋吉敏子トリオの1980というアルバムをリクエスト。このアルバムは秋吉さんの東北・石巻でのライブ録音で、震災支援のためという名目で個人の隠し録りがCD化。絶頂期50歳頃の秋吉トリオの熱い演奏が聴けるレア盤。

いいよねぇ、これ、なんて言いながら聴いていたのですが、ママが突然言い出しました。ねぇ、この間、菅野さんの大ファンのF氏がいたでしょ?菅野邦彦さんが今度、大分にツアーで来るって言われて探しているんだけど、どこでやるのかわからないの。調べてくれない?

ママのお願いなので、結構一生懸命調べましたが、結局大分のどこでやるのかはわからず仕舞い。。。役に立てなくて、ごめんね!

その他、公衆浴場は地元の人は千円強で月に何度でも入れるからみんな家に内風呂がないという話には驚きましたが、明朝は近くにある有名な竹瓦(タケガワラ)温泉に行くことを決め、26時半を過ぎた頃、中部九州ジャズ・ロード一周ツアー初日が無事に終了したのでした。翌日、とっても不思議な縁に巡り合うとも露知らず。。。

【駐車場:無(近隣にコインパーキング多数有)、喫煙:可】


その他のファンクさん関連のページへ ①17/10 いとう17/11 菅野邦彦ライブ@いとう

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000