轟かおり&E-Twoライブ@ドルフィーズ 18/03

先日の山口葵さんのライブの時にも予告しておりましたが、大宰府のドルフィーズさんで行われた轟かおりさん(vo)&E-Twoライブに行ってきました。

E-Twoって、何ですか?ごもっともですよね。

藤山"E.T."英一郎(トウヤマ "イー・ティー” エイイチロウ)さん(dr)と、こもちゃんこと、小森陽子さん(org,p)の超強力なデュオ・ユニット名がこのE-Twoです。。。♪二人で一つ~(注1)ということで、多分、E.T.さんの名前にTwoをそのままくっつけたのではないかと思うのですが、真相は確認しておりませんので、悪しからず。

E.T.さん&こもちゃんのデュオ演奏から始まったこのライブ。

そのオープニング曲は、緊張感を孕んだppから豊かなダイナミクスの変化も華やかなマル・ウォルドロンのキャット・ウォーク。今回は殊の外、こもちゃんが上機嫌?であのE.T.さんを引きづり込んで、飛ばす飛ばす。。。あっと言う間に熱い会場の出来上がり。これは本当にさすがでした。

そしてそこに、轟さんが明るい笑顔と共に登場!

さぁ、この熱くなった会場の雰囲気を更にヒートアップ出来るか否か?かなりハードルが上がってしまって大変。。。等と思わず心配しましたが、いやいや失礼いたしました。その1曲目から熱さに輪を掛けるテンションの高さとど~んとした存在感であっさりクリア。

2曲目はスタンダード・ジャズの名曲Lover come back to meでしたが、その途中でスキャットを駆使し、ドラム、オルガンと張り合った轟さん。

声を楽器的に使うことはよくある話ですが、声量のある轟さんがやられると実にお見事!もうこの時点でライブの成功は確約されたようなもの。その実力の程を遺憾なく魅せつけられました。

轟さんが歌われた曲は、硬軟取り混ぜた前後半5曲づつとアンコール(ルート66)の全11曲でしたが、アンコール前の最後の曲 ラ・バンバでは踊り出すお客さん(注)までいらっしゃって、ビックリ!

尚、この日、集まったお客さんは約20名で、その多くが轟さんのファン。

これは彼女の地道な布教活動(?)の結果だと思いますが、その中で若い方(とは言え、30代か40代ですが。笑)まで捉まえておられるのはさすがだと感心した次第。

今回のこのトリオ、山口〜熊本を経由して4日目&最終日だったとのことですが、掛け声や手拍子でお客さんとの一体感を図ったヤッタラータ等はまさに轟さんの面目躍如、彼女のエンターテイナーぶりが全面に発揮された楽しいライブでもありました。

ここからは余談ですが、途中休憩時、タバコを吸っているE.T.さんにレコーディングについてお聞きしたところ、現在、順調に進行中とのこと。

更には、秋頃にはレコ発ツアーでもやろうかな、ともおっしゃっておられました。

楽しみにしていますので、レコーディング、頑張ってください!

ちなみに、これらのサインはドルフィーズさんのトイレの壁で見つけたお二人のものです。笑


(注1)♪二人で一つ~バロロ~ム~   大昔に流行った「超人バロム1」の歌ですが、E.T.さんのことなので、きっとこの歌が頭をよぎったのでは、と勝手に妄想しました。

(注2)踊るお客さんの写真

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000