佐賀 七山・FUNNY NANAYAMA(ファニー・ナナヤマ) 18/01

佐賀・鳥栖の音楽小屋のマスターに教えていただいた佐賀唐津市七山(注1)のFUNNY NANAYAMA(ファニー・ナナヤマ)さんは、自称「ジャズ喫茶/バーではありません」というお店。

でも、今年70歳になられるマスターが初任給で買われたとおっしゃるソニー製を含め、店内のあちらこちらにある8本のスピーカーから心地良い音で流れている音楽はジャズですし、そもそもマスターは大のジャズ好き。。。ですので、社長であるママからその看板を掲げるお許しが出なかっただけだと思います、多分。笑

俗世と隔絶したかのようなゆったりとした時間を提供しておられるこのお店の魅力は何と言っても、マスターご夫妻。お話を伺えば伺う程、魅力が深まり、あれやこれや面白そうなポイントがあり過ぎて、時間がいくらあっても足りなさそう。。。

この七山という里山でこのお店を開業されたのは22年前。マスターが会社勤務をされておられた頃は福岡市内にお住まいで、毎週野菜を買いに来られていたとか。その当時はこういう酒・珈琲・食事から甘いものまで出されるお店はなかったそうで、マスターご夫妻がその内、この地でお店を始めたいと考えられた。。。まぁ、ここまではよくある話です。

近隣の方からも半年も持たないから止めた方がいいと忠告されたそうで、ご夫妻が最低3年間は何としても頑張ろうと決意されたのも理解出来ます。ただ、それぐらいで閉める可能性がある建物なら自力で建てよう、と考えられた時点で、もはや普通ではありません。しかも、2ヶ月で完成?!

更にはそれまでマスターは、雨漏りがしてママにダメ出しをもらった犬小屋しか作ったことがなかったそうで。。。発想力と実行力もハンパありません、このお二人。

また驚かされたのは、建物の外観と店内のギャップ!

このお店で酔って外に出たお客さんが「あ、ここは七山だった」とよく呟かれるそうですが、その気持ちは十二分にわかります。

このご夫妻の年末年始休みの恒例行事は、目的も計画もなしに車で旅に出ること。高速道路は使わず地道をドライブしながら、気になった所へ立ち寄り、夜になったら宿を探すという勝手気ままな旅で、まさに「無計画の計画(注2)」を実践されておられるのですが、ママ曰く、色々計画して縛られるより、その方が楽しいじゃない?

こういう考え方をされる方は面白いものを見つける嗅覚が鋭く、また本当に辿り着かれることが多いので、もっとその逸話等を伺いたいと思いましたが、それにしてもこんな考え方をされる女性って、珍しくないですか?

縁・サーフィン」という同じような発想で動くことが多い私としては嬉しくなってしまい、思わずママに握手を求めてしまいました。

短い時間でしたが、このマスターご夫妻のお話を伺っていて一番感心したことは、こういう感性をご共有されておられる上、何でもご一緒に面白がられ、心から楽しまれておられること。本当に素敵です。

今度は、教えていただいた鳴神温泉・ななの湯(注3)に立ち寄ってから伺いますので、またよろしくお願いします。


(注1)マスターご夫妻が取りつかれた七山の魅力はきれいな山、きれいな川、きれいで明るい村から始まり、たくさんあるようですが、とりあえず観光スポットが紹介されたHPの一例はこちら

(注2)「無計画の計画」は下村湖人著「次郎物語」で出てきた私の大好きな言葉・考え方。次郎達が実験的に無計画に旅をしてみたところ、最終的には全てが辻褄が合ってうまくいき、そのことから次郎が「運命」について考えるキッカケを得たというエピソードのキーワード。

(注3)鳴神温泉・ななの湯は20時を1秒でも過ぎたら入れてもらえないそうですので、要注意です。

【駐車場:有、喫煙:可】


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000