鹿児島・2つのラグタイム18/09

鹿児島にはラグタイムというお店が2つある?!

今回の鹿児島弾丸ツアー2018Sep.の最大の発見でしたが、元々知っていたのは、市内から約20km西北の伊集院にあるJazz&珈琲 Rag Time (ラグタイム) さん。私にとっては九州ジャズロード「初版」踏破のお店でもあり、とても思い入れの強いお店。

今回久しぶりに訪問してきましたが、相変わらずケーキ・セットが美味しく、更には「今年初めて栗を煮てみたので」とサービスでいただいた栗の甘露煮も美味しいこと。

いい味わいのマスターと明るいママが醸し出す独特の空気感と木目調を全面に打ち出したの明るい店内、その温かさ、居心地の良さは、とても元気がもらえる格別なお店。

先日私が八代・ファーストさんで聴いたWINA+栗林すみれ、金澤英明、大久保重樹ライブはその翌日、このお店で開催されたのですが、何とその観客動員数70人超!

 マスター達も想像以上に集ったお客さんに驚き、何よりその応対が大変だったそうですが、いいライブだったお陰で助かったと苦笑いされておられました。

いずれにしても、マスター、ママ共にお元気そうで何よりでした。また伺いますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

【駐車場:有、喫煙:可】

伊集院・ラグタイムさんの他の記事へ ①18/02


一方、今回、市内・天文館のFLOWERのマスターに「いいバーですよ!」と言って教えていただき、訪問してきたのは市内から約40km東南(フェリーを使えばですが。笑)、大隅半島の鹿屋にあるBAR Rag Time (ラグタイム)さん

ジャズ・バーを名乗っておられるお店ではありませんので、このサイトで取り上げるべきかどうか迷いましたが、また是非とも再訪したいと思うお店だったことに併せて「鹿児島・2つのラグタイム」というタイトルが自分の中でヒットしてしまったため、今回紹介する次第です。笑

このお店は、鹿屋の中心街に位置するとてもお洒落なバーで、かなり遅い時間に伺ったにも関わらず、地元の方々が入れ替わり立ち替わり訪れる繁盛店にして、もうすぐ30周年を迎えられる老舗のバー。

それもそのはず、マスターは会話を引き出すのがとてもお上手で気の利いた方ですが、その手際良くオーダーをこなしていかれるカッコ良さと世間の喧騒を忘れさせるお店の雰囲気の良さという評価の高いバーが必ず兼ね備えている条件もあっさりクリア。

ただ、熊本からの距離を考えるとこれだけなら「いいお店だったなぁ」で終わるのですが、再訪したいお店になってしまった理由はメニューの最後に唐突に書かれている(?)グリーンカレー。

そのレシピは宮崎のタイ料理の先輩から教えてもらったものだそうですが、これがちょっと忘れられないレベルの絶品!

彩りも鮮やかな野菜たっぷりのスープカレーにとてもよく合うさらさらしたジャスミン米。。。トロトロになるまで煮込まれたナスとベトナムで食べた時の感激を思い出させてくれた本格的な味は最高でした。

尚、マスターはジャズもお好きでそんな話も色々させていただき、27時の閉店時間の直前まで楽しい時間を過ごさせていただきました。(注)

そして最後に、ジャズ・バーと名のつくお店ではお目にかかれない(苦笑)、若いのに気さくで会話上手、しかもかわいいと三拍子揃った女性の店員さんがいらっしゃったことも付記しておきます。

【駐車場:無(電話して聞くことをおススメします)、喫煙:可】


(注)この後、28時発桜島フェリーに乗船して無事に市内に戻りましたが、約15分で着いてしまうので、他のお客さん(運送会社の方々)はトラックの中で過ごされており、船室は完全貸し切り状態でした。

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000