鹿児島 伊集院・Jazz&珈琲 Rag Time (ラグタイム)①18/02

鹿児島 日置・伊集院のJazz&珈琲 Rag Time (ラグタイム)さんは、鹿児島市内から車で約30分。南九州西回り自動車道等を使うと意外に近く、この日ご一緒させていただいた常連さん達も市内の方でした。

先日報告させていただきましたとおり、このお店が私の九州ジャズロード(初版)踏破・最後の訪問店。これは全くの偶然ではありましたが、実にいい縁だったと感謝している次第です。

ということで、今年で11年目を迎えられたこのお店、その大きな特徴の一つは、周りに何もない広い敷地。笑

手前から駐車場、玄関、庭と続きますが、その庭にはバラの木をたくさん植えられておられるそうで、その開花期間中に開かれるライブはとても好評とか。

この一軒家の1階がお店で、比較的高い天井、きれいなカウンターとテーブル席も含め木目の使い方が印象的で明るい店内。

これだけを見るとよくあるお洒落な喫茶店ですが、一番奥のスペースに目を移すと、突如として飛び込んでくるこのお店のジャズ喫茶としての主張。ジャズ・ライブ用の楽器群とスピーカーが整然と鎮座しているライブ・ステージ。

このステージ、ライブ出演者からは演奏しやすいとご好評だそうですが、何とそのオープニング・ライブの出演者は、Jazz Spot Lileth(リレット)さんのマスターのグループだったとのこと。昨日鹿児島市内で予定外に行ったお店だけに、また縁の不思議さを感じさせられました。

このお店ではライブを年に4回程開かれるそうですが、お客さんに満足してもらえるはずとマスターがご判断されたミュージシャンしか出演出来ないという厳選ライブ。

昨年鹿児島ジャズ・フェスティバルで実行委員長を務められたピアニスト 松本圭使さんのアドバイスも受けておられるそうですが、昔はあの宮里陽太さんもよくライブをされたとのこと。尚、その時は超満員で50人を超えるお客さんがいらっしゃって大変だったそうですが、お客さんは皆、市内からだったとか。。。

普段のこのお店は、地元の方々の憩いの場。珈琲ももちろん美味しいのですが、何と言っても、このお店の最大の武器は、ママ特製のケーキ!美味しいシフォン・ケーキ、チョコレート・ケーキは、デパ地下で買ってきたとおっしゃっても疑わない最上級品。

あまりにも素晴らしかったので、お代りしようかと思ったのですが、私の後に来られたお客さん達も皆さん開口一番に注文され、あっと言う間に完売。さすが皆さん、よくご存じで。。。

今年70歳になられる明るく冗談好きのマスターとほぼ半世紀にわたる長年のつき合いから阿吽の呼吸でツッコミを入れられる常連さん。来るお客さんお客さんがそれぞれお土産を持って来られて驚いたのですが、「皆さん、うちが貧乏だって知っていらっしゃるから」と明るく豪快に笑い飛ばされるママ。

奥のステージにあるドラム・セットはマスターご自身用として、昔、プロの渡辺文夫さんと一緒に買いに行った逸品であることや、近所に著名なプロ・ドラマーがお住まいなので、お孫さんをドラマーに育て上げる英才教育のプランを練っておられるお話、常連さんと二人で東京ジャズ・フェスティバルや東京のジャズ・バー ボロンテールさんの40周年記念ライブを聴きに行かれた時のお話等を伺いましたが。。。

一番秀逸だったのは、マスターご夫妻の馴れ初めのお話。何と二人が知り合われ、デートされた場所は、昨年惜しまれながら閉店したジャズ喫茶 門さんだったそうです。。。ちなみにその当時、まだ、ジャズって何?という感じだったママからすると、そこにいつ行ってもいらっしゃるマスターが、不思議な人に見えて仕方なかったそうです。笑

春のやわらかい日差しにポカポカしているような温かい雰囲気満載のこのお店。マスターご夫妻のお人柄の賜物だと思いますが本当に素敵で、私にとって記念すべき時間を楽しく過ごさせていただきました。

ライブをご開催される時等にうまく機会が作れたら、また伺いたいと思っておりますので、その節はまたよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。


<追記>このお店の近くに本格的なジャズ喫茶が出来たから、行ってみたら?とご親切なマスター。

そのお店 順刻堂さんにお電話いただき、更にはこの詳しい地図まで書いていただきました。この後、訪問してきました。

【駐車場:有、喫煙:可】


その他のラグタイムさんのページへ 鹿児島・2つのラグタイム 18/09

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る





汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000