長崎・Jazz upstairs at さろまにあん②18/12+19/05

約5年ぶりになりますが、長崎・思案橋の近くにある今年31年目となった老舗ジャズ・バー Jazz upstairs at さろまにあんさんに行って来ました。

何故こんなに長い間、このお店を訪ねることが出来なかったのか。。。私のしょうもないこだわりなのですが、前回訪問した際、マスターから「今度、義理の弟が福岡・西鉄大橋駅前で開業するからよろしくね」と言われたのですが、そのJazz Village GOLBY(ゴルビー)さんをなかなか訪問出来なかったために、この店を再訪しにくくなっていました。

ようやくGOLBYさんを訪問出来たので、今回はその報告をするつもりで意気揚々と訪問したはずでしたが。。。

3階にあるカウンター席とテーブル席だけのこの小さなお店に何人か常連さんがいらっしゃったことに加えて、私自身が久しぶりの訪問ということで舞い上がっていたのでしょうか。。。他の話に夢中で、すっかりその話をするのを忘れてしまいました。笑

マスターと常連さん達の和気あいあいとした会話、そのバックで気持ち良く流れるジャズ、そのジャズに鼻歌でハモりながらお酒を作るマスター。。。この狭い空間が醸し出す居心地の良さはまた別格。

つい最近も、約20年ぶりの常連さんが「まだあったんだ!」等と言いながら、ふらっと入って来られたそうですが、それもすぐに納得。。。マスター曰く「同じ場所に変わらずあり続けているから」とのことですが、間違いなく、マスターの人懐っこさとこのお店独特の魅力あっての賜物。

また、ふと思い出したかのようにマスターから「最近、こんな面白い方がいらっしゃってね」と写真を見せていただいたのですが。。。何と!福岡 久留米・Jazz Shop Roulette(ルーレット)さんで知り合った「九州男の隠れ湯」の著者 合原幸晴(ゴウバル コウセイ)さん。

「あと、今日の早い時間に九州のジャズ・バーを回っているとおっしゃる方が他にも来られたよ」と教えていただいたのですが、よくお聞きしたらそれは福岡の名インスタ・コンビ A・IさんとR・Fさん。

ちなみに、精力的に色んなお店をご訪問されておられる彼らとはこの後も九州ジャズ☆スポットめぐりの中で何度お会い出来るのか楽しみです。。。等と思っていたら、翌月の古処さんのファイナル・セッションで早速お会い出来ました。笑

サックス吹きのマスターだけにその辺りの名盤のお話等も色々教えていただきたかったのですが、常連さんが次々にいらっしゃり、楽しい話に花が咲き続けたので、この日は退散することに。

いずれにせよ、GOLBY(ゴルビー)さんの報告も含めて早いタイミングで再訪したいと思いますので、マスター、今後共、よろしくお願いいたします。


【19/5追記】長崎弾丸ツアー2019春の2軒目に訪問したのですが、この日も狭いお店はお客さんでいっぱい。

このお店独特の居心地の良さに浸りながら、最近マスターがお気に入りというレスター・ヤングの名盤ジャズ・ジャイアンツ’56を聴かせていただたり、前回失念した大橋・GOLBY(ゴルビー)さんのご報告をちゃんとしたところで、残念ながらタイム・アップ。

尚、マスターのサックスは22時ぐらいまでなら、聴かせていただけるとのこと。しかも、かぶりつきで!笑

もしその時間に訪問出来るのであれば、是非おねだりくださいませ。

【駐車場:無(近隣にコインパーキング多数有)、喫煙:可】

その他のさろまにあんさんのページへ ①14/02

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000