【待望!店のジャズ】熊本 大津・Hello♪Dolly(ハロー通り)④20/09

熊本は阿蘇の手前の要所・大津(オオヅ)町にあるHello♪Dolly(ハロー通り)さんがここに来て、ようやくご復活!

ここまでご復活が遅れたのはコロナ禍ではなく、とある事情によるのですが、私にとって大切なホームグランドのご復活。待ちに待っていたニュースに心から歓喜。

ご再開を告げられたお店のFBを読んだその晩、即飛んで行ったのですが。。。お店に着いてから気づいたことに、その日は火曜日。久しぶり過ぎて、休業日も忘れていました。笑

今回のご復活に当たって、外壁や内装をリニューアル。

カウンターやテーブルにはシールドを設けられ、ママもマスク姿で終始ご対応いただく等、コロナ禍対応も万全。

しかもそれだけでなく、店名も元の英語のHello Dollyを前面に出される等、心機一転?新たなご出発。

恒例のサインをお願いしたところ、「ちょっと待っててね!」とママと私を残して事務所に消えたマスター。

凝り性な方だけに、またスゴいものを書いておられるに違いないとは思っていましたが。。。さすが!の一言。

渡辺貞夫さんを心地好く聴きながらいただいたこのお店ご自慢のタージマ・カレー。

本稿のタイトルを【待望!お店のカレー】に変えてしまってもいいかも?!

あまりの懐かしい美味しさにお代わりを頼みそうになりました。

しかし、そうはさせじ!等と考えられたはずもないのですが、いきなりマスターが掛けられたのがこれ、キース・ジャレットのケルン・コンサート。

このレコードと言えば、ケルンの会場さながらの緊迫感を再現された熊本・八代のファーストさんにおける夜更けの名演が忘れられない名盤ですが。。。

JBL LE-8Tのフルレンジ・ユニットのスピーカーからたんたんと流れるキースのピアノ。

これが、【待望!お店のジャズ】というタイトルに相応しい美しさで、オーディオ再生の奥の深さを改めて感じさせられました。

また今回初めて伺ったのですが、マスターはキースもお好きで20数枚レコードがあるのだそうですが、そこから転じた話題が天草出身でそのキースやチック・コリア等と共演されているマリンバ奏者ミカ・ストルツマンさん

(下記はその夫で世界的クラリネット奏者リチャード・ストルツマンさんとのDUOを紹介したYouTubeです。)

デビット・マシューズさんを始め、顔の広いマスターとママですが、このミカさんの話等※も興味深く教えていただいた次第です。

※このお店に来ると話がジャズに留まらないことが多く、今回はこんな懐かしい映画の話にも。笑

ということで、これからもまた気ままにお世話になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

【駐車場:有、喫煙:不可】

~もっとHello♪Dolly(ハロー通り)さんの雰囲気を知りたい方はこちらへ~

その他のHello Dolly(ハロー通り)さんのページへ ①18/05  ②18/06   

このお店で聴いたライブ観戦記 イソジン 告井延隆(驚愕の一人ビートルズ) D.マシューズ

お店のHPは下記をクリック

0コメント

  • 1000 / 1000

汝が欲するがままをなせ

九州でのジャズ冒険を中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。 ♪新しい秩序、様式が生まれる時代の幕開けです。この混沌を積極的に楽しんでいきましょう。危ぶむなかれ、行けばわかるさ、です。笑