梅津和時&伊東ミキオDUO@大宰府・DOLPHY’s(ドルフィーズ) 17/12

私の秋のジャズ祭り最終公演、梅津和時(Sax)&伊東ミキオ(P&Vo)DUOライブを聴きに、大宰府のドルフィーズさんに行ってきました。既にこの時点でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、このDUO、ジャズではありません。。。私は始まるまで知りませんでしたが。笑

18時の開演前には既に30人を超えるという大盛況ぶり。しかも女子率が7割近くという不思議な光景。多くは伊東さんのファン?

伊東さんは熊本出身・昭和42年生まれで私と同年代の知る人ぞ知るマルチ・ミュージシャン。ウルフルズのレギュラーサポートメンバーからピアノの弾き語りまで幅広い活動を展開されておられ、「熱くハッピーなロックンロールピアノ」という宣伝文句がピッタリの方。

対する梅津さんは、フリー・ジャズ等のサックス吹きである一方、RCサクセションのサポート・メンバーとして有名になられた方であり、最近お二人は八代亜紀ブルースバンド(バンマス:伊東さん)で一緒に活動されておられたとのこと。

このお二人でDUOをやられるのはまだこれで3度目だそうですが、MCも含め呼吸の合ったやり取りは高いテンションで明るく愉快。

基本的な形としては伊東さんが持ち歌を主体に演奏するライブでバックに梅津さんが入った形なのですが、梅津さんのサックスに存在感があり過ぎて、時々、伊東さんの歌とピアノを伴奏にした梅津さんのライブのようにも思えてしまう、実に不思議なライブ。

まぁでも、そんなことは途中からどうでもいいぐらい盛り上がりに盛り上がった楽しいライブでもありました。

途中とアンコールで、近所に住んでるというブルース・ギターのハリケーン湯川さんがゲスト出演。その存在感のある声と激しいアクションのギターで更に大盛り上がり。

ちなみに、湯川さんも昭和42年生まれ。。。同年代のスゴいプレイの数々に元気をいただきました。

宮城出身の梅津さんが歌われた、未だに復旧途上であることを忘れられていると感じるのでやめられないとおっしゃった「東北」とRCサクセションの曲から「多摩蘭坂(タマランザカ)」もしんみり聴き応えたっぷり。

「懲りない男」伊東さんは、梅津さんに「意外にいい曲、書きますねぇ」とのコメントをもらってイジけたりしながらもその甘い声と明るく激しいピアノで盛り上げたり、しっとりと聴かせたり、途中の見事な合いの手で梅津さんや湯川さんを引き立てられる等、実に見事なエンターテイナーぶり。

そして、梅津さんのサックス。ともかくすごい!

ソブラノ・アルトの二本吹きまで披露されたのにも驚きましたが。。。

アルト・サックスの心を震わせる甘い音、絞り出すような訴求力の半端ない息の長い音、そして、あの小さい体からは信じられないようなデカいfff。

それに触れた途中のMCは最高でした。伊東さんが「今日は歌以外は生音」と言った瞬間、梅津さんが「いや、実はちょっとサックスには仕込んでるけどね。そうじゃないとこんなに大きな音、出ないよ?」「本当ですか?」「いや、嘘だけど。(fffでブワブワ~)」

その他も度々挟むMCも「梅津さん、お若いですよね。今、おいくつでした?」「68歳だから、あと生きても60年ぐらいしかないよね。もう半分は過ぎたと思う」とか、梅津さんがメガネを外してレンズがないことをアピールされて「レーシックをやったからもういらないんだけど。でも、メガネのない顔を認識されてないから伊達でやってる」みたいな感じで秀逸。場内が和む和む。。。こんな和んだ空気のジャズ喫茶/バーは初めて。笑

それにしても今回もまた大満足、素晴らしいライブでした。

やっぱり、マスターのオススメ・ライブに外れなし、です。

あまりにも良かったので、今回はお二方のCDを購入し、サインもゲット。

これにて、私の秋のジャズ祭り、11/7(火)宮之上貴昭トリオ@ブラウニー11/14(火)板橋文夫@風土11/15(水)ZEKトリオ@ニューコンボ11/19(日)菅野邦彦@いとう、そして今回の梅津和時@ドルフィーズという豪華ラインナップで、どれもスゴいライブばかりでしたが、これにて無事終了!

スゴく充実していましたが。。。その中で、大口トリオがニューコンボでやられるというライブ情報を教えていただいたので、アンコールとして、もう1つ、行ってきます!


「クラシック演奏会/ジャズ・ライブ」の目次へ戻る

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000