久留米ジャズクラブ presents 中村家 九州TOUR 2018@久留米・ルーレット

私の大好きなピアニスト吉岡秀晃さんが久しぶりに福岡天神・Browny(ブラウニー)さんでライブをされる!ということで、観戦を決めていたこの中村家 九州TOUR 2018。

ところが、熊本への転勤・引っ越しが決まり、どうしようか?と悩みましたが。。。

結局、Brownyさんの翌日、久留米・ルーレットさん観戦してきました。

転勤先の熊本郊外から比較的近いという物理的な理由もありますが、決め手は、久留米ジャズクラブさんが主催される最後のライブだったこと。

久留米ジャズクラブさん。。。その代表 E氏と言えば、九州ジャズロードの著者 田代俊一郎さんと対談するキッカケを作っていただいた恩人。

実は引っ越しの直前に、その御礼と報告のためE氏を訪問。場所はE氏の行きつけのお店 久留米・エイトモダンさんでしたが、マスターも交えたコアなジャズ談義はあちらこちらに飛び火。その中で今回のラスト・ライブの話になったのですが、恩返しとばかり、即、観戦決定。笑

しかも、E氏曰く「ライブの醍醐味は打ち上げ」とのことで、打ち上げにも参加させていただけることになり、私自身にとっても「転勤後、初観戦&打ち上げ初参加」というスペシャルなライブとなりました。

Saxの中村誠一さんと言えば、もちろんご存知の方も多いと思いますが、ジャズ界の重鎮。そこにベースの中村健吾さん、吉岡さんが加わったトリオの演奏が始まった所でお店に到着、入店。。。最初にあったはずのE氏のご挨拶が聞けずに申し訳ありませんでしたが、驚いたことに、ルーレットさんの店内が飽和状態。超満員のお客さん60余名。

後で聞いた話によれば、新聞等のメディアで「久留米ジャズクラブのラスト・ライブ」と報じられた効果も大きかったようですが、こんな大勢のお客さんを前に燃えないプレイヤーはいない訳で、最初から大いに盛り上がる演奏にヤンヤの大歓声で応えるお客さん。抜群の雰囲気。やっぱり、ライブは人が多い方がいい。

そして、ヴォーカルの紗理さん(何と、中村さんの娘さん!)が颯爽と登場。

定番のMy Favorite Thingsから始まりましたが、恋のバカンスやガーシュイン「あなたに首ったけ」等をしっかり聴かせただけでなく、スキャットやカズーというオモチャのラッパでSaxと絡んだり、ラヴィアンローズでオルゴールを効果音としてうまく使われたり、遊び心たっぷりの紗理さん。

中でも作家 嵐山光三郎さんが作ったというジャズ・スタンダードの替え歌「スナックコルトレーン」は、♪つ〜まみは〜ピーナッツ〜 というサビの部分を客席に歌わせたりと実に秀逸。

一方、実に感動的だったのが、父娘のDUOで演奏されたSunny。気持ちのこもった娘の歌を優しく大きく包み込む父親のSax。。。後から伝え聞いた話ですが、昨年奥様を亡くされた父娘の演奏だったとのことで、あの温かさはそんな想いもこもっていたからかもしれません。

アンコールは、このお店 ルーレットのテーマ・ソングともいうべき初代マスターの好きだった「ハッシャ・バイ」、そして、主催代表E氏のリクエストで「ウィスパー・ノット」。これにて、ライブは無事に終了!

ソロのカッコ良さはもちろんのことながら(唸りながら弾かれた中村健吾さんのベース・ソロは最高でした!)、歌と楽器の掛け合い、歌に寄り添う見事なアンサンブル等々、実力派カルテットらしく聴き所も多かったですが、それだけに留まらず、セットリストも含め、あれこれ飽きさせない色んな仕掛けも楽しいライブでした。

その後、ドキドキして参加した打ち上げですが。。。確かにE氏のおっしゃるとおり特別な時間となりました。

プレイヤーの皆さんのプライヴェートの一面を垣間見ることが出来たこと、スター・プレイヤーの逸話(特に印象深かったのは、坂田明さんがサインで書かれた「死ぬまで生きる」というお言葉)等をお聞き出来たこと、更にはずっと聴きたいと思っていたジャズ・シンガー 西田麻美さんと知り合うことが出来たり、ルーレットのマスターと久しぶりにお話出来たりと、もうてんこ盛り。

E氏のサプライズお誕生日お祝いも思い出深い1コマ。中村さんがピアノ伴奏するからと買って出られ、みんなに囃し立てられて歌をご披露されたE氏でしたが、これが意外なまでに味わい深い美声(失礼!笑)。。。これにも、全くもって驚かされました。

更に、ライブ途中の休憩時に吉岡さんと色々お話させていただいた(注)という嬉しい思い出もあり、忘れ難い夜となりました。

E氏には今回のお誘いに感謝すると共に、久留米ジャズクラブ主催の最後のライブに相応しい、とても素晴らしいフィナーレを飾られましたことを心からお祝い申し上げます。

また、今後とも色々おつき合いいただきますよう、よろしくお願いいたします。


(注) 九州ジャズ・ロード巡りの中で知り合った都城・マイルストーンのマスターの話をしたところ、吉岡さんから伝言を託されました。これを届けるためにも、九州ジャズ・ロード巡りを早く再開しなければ、です。

あと、伝言と言えば、もう一つ。門司港・六曜館のマスターから中村さんへの伝言は確かに今回伝えましたので、この場を借りて報告まで。


「クラシック演奏会/ジャズ・ライブ」の目次へ戻る

九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る



汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000