鹿児島いちき串木野・JAZZ & AUDIO喫茶 パラゴン ①17/06

今回は、鹿児島市内から1時間程北にあるいちき串木野市はJAZZ & AUDIO喫茶パラゴンさんに行って来ました。

パラゴンさんは、宮崎のFAR CRYさんで横に座ったお客さんに教えていただき、同じJBLの銘機パラゴンを鳴らしている福岡の古処さんでも話題に上り、気になっていたお店。

店構えは緑で覆われた結構広さのある平屋の一軒家で、いかにも風情のあるシャレた喫茶店。入ってみてもその印象は変わらず、何故か中央奥にそびえ立つ巨大家具調スピーカー パラゴンさえも完全に馴染んでおり全く違和感なし、ですが。。。ちゃんとした格好のウェイターさん、ウェイトレスさんがいる?!土曜の昼下がりを楽しむお客さんが何人もいる?!

しかも流れている音楽はボリュームを適度に絞ってはいるものの、立体感のある息をしている音。聴いていて、心地好くリズムに身を委ねられる音。正統的なジャズ喫茶/バーの音。

ジャズ喫茶の看板のまま、ここまで普通に喫茶店として流行っているお店を見たことがなかったので、ここはスゴいお店だ!と最初から心底感心してしまいました。


そして、マスターにお話を伺ったところ、このお店にジャズを聴きに来てるのは1割程度で、後は喫茶店としてのお客さん、とのこと。。。確かにメニューにはホームメイドケーキまであり、これがまた美味しい!しかも珈琲に至っては、自家焙煎で豆まで売ってるという本格派!

そして、このこだわりの強さがオーディオではもっと発揮されている訳で、そりゃ、このお店に合った心地好い音楽が鳴っているのも当然だよね、等と勝手に思ったのですが、いやいや、全然想定が甘かった。。。何と毎週日曜日の夜10時から12時に、このパラゴンをフルボリュームで鳴らされる時間があるのだそうです!

ボリュームを上げたパラゴンと言えば、古処さんで聴かせていただき、確かに感激したのですが、あれは天井の高さがあっての空間の響きの良さであり、この天井の高くないお店でのフルボリュームは想像がつかず、「お客さんがいなかったら(今、やってあげるんだけどね)」とおっしゃるマスターに御礼を述べつつ、「また機会を作って来ます」と言って、別の話題に移っていったのですが。。。

何と幸運なことに、一瞬、お客さんが全員帰られたタイミングが訪れ、さっとレコードを変え、ボリュームを上げられたマスター。。。

あっ!!!

何と表現していいのかわからない音の衝撃、さっと鳥肌が立ってしまった存在感のある音。。。少し離れて聴いてみても、きっちりとした定位感の中に息づく生々しい楽器の音色。

これまでの九州JAZZバー巡りの中で、JBLのいいホーンスピーカーが放つ直線的な音圧こそが、JAZZの生命力豊かな音を表現をするのに最も適していると思うに至っていました。ところが、それとは全く違うにもかかわらず、その音の生命力豊かなことでは勝るとも劣らない響き。。。パラゴンはそれ自体が楽器。これはマスターのおっしゃった言葉ですが、パラゴンは想像していたものを遥かに超えた素晴しい楽器でした。

すぐに次のお客さんが入って来てしまったため、音楽としてのJAZZを楽しむには至らなかったのですが(苦笑)、その音だけでノックアウトされてしまって、お腹いっぱい。

恒例のサインもさり気なくお洒落な感じで、この後も時間の許す限りマスターに色んなお話を伺ったのですが、強く感じたのはその端々まできっちりしたい几帳面さ、真面目さ。。。そして、私の大好きなZEK TRIO(注)の九州ツアー最終ライブ地点であるとお聞きして驚いたのですが、御歳71歳とは思えない若々しい情熱とセンス。(ちなみに、お世辞ではなく、見た目はもっとお若いです。笑)

(注)ZEK TRIOライブ:観戦記 尚、彼らの1st CDが出たことを教えていただきましたので、早速発注しました。。。


これらがオーディオに向いた時、アンプ等の機器交換はもちろんのことながら、パラゴンの内部にまで手を入れるというマニアックさにつながり、このようなものスゴいシステムを構築されたものと思われます。

今度はフルボリュームでの音楽をちゃんと聴きに伺います。。。月曜休暇が必要ですが。。。苦笑


ちなみに今回の鹿児島、もう一つ心が震える出来事がありました。

鹿児島市内から1時間程南下した知覧(ちらん)にある特攻平和会館の見学です。特攻隊員として死んでいった若者達の存在を知ることは、歴史・戦争を正しく認識するのに本当に外せないものだと思いましたし、何より彼らの遺書の数々は涙なしでは読めませんでした。

もし機会があれば、こちらにも是非足をお運びください。

【駐車場:有、喫煙:可】


その他のパラゴンさんのページへ     ②17/07  ③18/02 

「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る


汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

8コメント

  • 1000 / 1000

  • R35sTutti

    2018.02.14 02:21

    @JBL888 JBL888さん、ご返信、ありがとうございます。スゴいシステムをお持ちのようで、驚きました。さてご質問の件ですが、私自身、車で移動することが多いので、ファーストさんに限らずジャズ・バーでも珈琲等で過ごすことが多いです。但し、長時間滞在することが多いので、食事・おつまみ等も併せて1時間に1品以上は注文するようにしていますが。(笑) オーディオ・マニア談義、いいですね!是非、楽しんで来てくださいませ。
  • JBL888

    2018.02.13 05:33

    R35sTutti様へ 熊本 八代ですね!エベレスト気になります! 機会を作って近いうちに行きたいと思います! JAZZバーなのでお酒を飲む人が多いのでしょうか?当方珈琲は大好きですが、お酒は飲まないのでそんな客は迷惑ではないでしょうか?日帰りで車で行く予定です! オーディオに入れ込みすぎて好きなスポーツカーも何台か処分しました!自分にとって真理の音質を求めて彷徨っています。 ファーストさんと唯一同じ機材がGT2000でした。 このプレーヤーと最後まで添い遂げる為にアームを交換して、ダブルアーム化しました。 また駆動方式はダイレクトドライブと糸ドライブのハイブリッドとして、どちらか好きなほうで楽しめるように改造して、ターンテーブルはステンレスの削り出し15kg特注に変更しました。 いつもアナログオンリーです! ステレオとモノラルをダブルアームにて鳴らしています。
  • R35sTutti

    2018.02.12 16:53

    @JBL888JBL888さん、コメントを賜り、どうもありがとうございました。バラゴンさんはつい先日再訪し、素晴らしい時間を過ごしてきたばかりです が、バラゴンさんを行きつけに出来るなんて、本当に羨ましい限りです! ご質問の件ですが、いちき串木野「近辺」のオーディオ・マニアのマスターと言えば、これも先日再訪したばかりですが、熊本・八代のファーストさんがダントツです。バラゴンさんとは、音の方向性、音の好み等も全く違いますが、そのマニアぶりは本物です。もし未だにご訪問されておられなければ、是非お訪ねくださいませ。 その他は「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」の各お店の記事をご参考いただけると幸いです。引き続き、よろしくお願いいたします。 https://r35s2840.amebaownd.com/pages/692371/blog