福岡 大宰府・Jazz Inn DOLPHY's(ドルフィーズ) ①17/09

福岡の有名神社 大宰府天満宮の近くにあるドルフィーズさんに行ってきました。2年前に一度訪ねたのですが、ちょうど休業日で、近いだけに逆に再訪が遅くなってしまいました。。。

尚、今回は、長崎 波佐見のDougさんに行った時の先入観による失敗(注1)は繰り返すまい、と、九州ジャズロードを読み返さずに行ったのですが、はてさてどうなりましたでしょうか?笑

マスターは演劇の造詣も深い方で、ジャズと演劇の類似性を教えていただいたのですが、それは「対話」。曰く、まずは自分自身との対話、次にメンバーとの対話、最後に観客との対話、なのだそうです。

ジャズを例えるのに、私の大好きなプロレスもよく挙げられる(注2)のですが、自分自身との対話が最初にあるとお聞きして、目からウロコが落ちた思いがしました。。。というのも、私がメキシコ駐在時代に知り合い、今もおつきあいさせていただいているプロレスリング・ノアの大原はじめ選手。確かに彼は観客との対話、対戦相手との対話に優れているのですが、どうすれば理想のプロレスに近づけるのか?といつも真剣に考えておられます。それを逆に思い出させていただき、事の真理はどれも本当によく似ていることを改めて認識させていただきました。

またマスターは、1920~40年代のジャズ黎明期が今、逆に面白いとおっしゃるんですね。。。最近、北九州の風土さんで教えていただいたばかりなので、ちょっとはついていけるかと思いきや、何の何の。。。聴かせていただいたアート・テイタムのピアノの新しいこと!

私がクラシック好きということもあるかもしれませんが、あの古い録音にして、粒立ち良くキラキラ光る珠のようなタッチの素晴らしさにはすっかり魅了されました。

ちなみに、ドルフィーズさんの音響はパイオニアのスピーカーを天井付近に置かれるスタイルですが、音量と部屋とのマッチングの良さが根本にあるのでしょうか?でも、結局はマスターの感性だと思うのですが、とても素直で気持ちのいい音が鳴っています。

その他、マスターが近くの筑紫女学院で講義なさったお話とか、岩手・一関のジャズ喫茶の名店ベイシーさんがカウント・ベイシーのライブをやった時、奥様が照明のお手伝いをされたそうで、その時、カウント・ベイシーにサインをもらわれたお話等々、次から次へと興味深いお話を伺うことが出来、本当に楽しかったです。

唯一、ちょっと残念だったことは、このお店でも月に1度、ライブを開催(12/10(日)の梅津和時さんのライブは参戦検討中)されておられるのですが、生ライブ録音はなさっておられないそうで、生録を聴かせていただこう!キャンペーンを果たせなかったことです。笑

最後に。マスターが演劇畑の方ということは、辛うじて覚えていましたが、スーパー歌舞伎ヤマトタケル等の一流のショーの舞台監督をされていた方であること、お店でタバコがO.K.どころか、特製灰皿(注3)までお作りになられているスモーカーであること等の情報も、実は九州ジャズ・ロードを事前にしっかり読み込めばわかることでした。。。でも、先入観なしに自分の感性で色々感じた上で、改めて九州ジャズ・ロード=著者 田代俊一郎さんと対峙するのも、実は新たな楽しみだと思えましたので、今後も先入観なしで、突撃することにしました。笑

それではマスター、色々教えていただき、ありがとうございました!今回は少し時間がなかったので、もっとしっかり時間の取れる時に再訪させていただきます。またよろしくお願いいたします。


(注1)九州ジャズロードや他の情報から、間違った先入観を持って入店したところ、全てがあまりにも違い過ぎて、のっけから最後までタジタジになってしまいました。笑

(注2)他にジャズが例えられるものと言えば、間が大切という意味で落語もよく挙げられます。以前、これを教えていただいたエピソードはこちら

(注3)今回、いただいたのですが、実はマッチもあります!ジャズ・バーにはマッチがつきもの、とのスモーカーならではのご配慮で、嬉しくなってしまいました。


ちなみに、18時頃にドルフィーズさんに着くつもりで行った太宰府天満宮。。。帰り道はこんな気持ちのいい秋を感じさせるような光景でした。

【駐車場:有、喫煙:可】

その他のドルフィーズさんのページへ ②18/02


「九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000