KURUME JAZZ Interaction 2018@久留米シティプラザ 久留米座

久留米シティプラザ 久留米座で行われたKURUME JAZZ Interaction 2018に行ってきました。

このイベントは鈴木良雄BASS TALK、山本剛スペシャルバンド、宮之上貴昭グループに西田麻美さんやMAYUMIさんが参加するという一夜限りの豪華なイベントで、久留米の老舗ジャズ喫茶エイトモダンのマスターに教えていただいて以来、楽しみにしていました。

当日仕事を終えてから懸命に駆けつけたものの、開始時間18時には間に合わず、第1ステージの宮之上貴昭さん(g)のカルテット(注1)の最後にようやく到着。。。座席までご案内いただき(注2)ちょっと落ち着いたところで、艶やかなドレス姿でボーカルのMAYUMIさんが登場。MAYUMIさん&宮之上さんは福岡・天神ブラウニーさんでのライブ以来で楽しみにしていた演目の一つでしたが、時間の都合上3曲だけのご出演。Day By Day、Good Morning Heartache、Broadwayときっちり明暗をつけられたセットリストはさすがと思ったものの、全然物足りない!もっと聴きたい!が聴き終わっての素直な感想でした。苦笑

少し欲求不満なまま、続く第2ステージの山本剛スペシャルバンドへ。

何度か鈴木さんのベースとのDUOで聴かせていただいたピアノの山本剛さん、新アルバム「E.T.session Vol:1」を発売されてノリにノッているドラマー藤山E.T.英一郎さん、そこにベースの香川裕史さんが入ったピアノ・トリオに、最後はサックスの田部俊彦さんも入られた今回限りのバンドでしたが、これが良かった!これぞジャズ!という響き、遊び心、スイング感に魅せられました。

トリオでの最後の演奏曲、山本さんの代名詞とも言うべきミスティはその白眉。最初のえもいわれぬニュアンスのこもったピアノ・ソロ、そこに続いた3人の見事な展開にほぼ満員のお客さんも酔いしれ、この日はこれが聴けたからもう満足!と個人的に思った静かな熱演でした。

休憩の後、最終ステージは鈴木良雄BASS TALK。メンバーは鈴木良雄さん(b)、井上信平さん(fl)、野力奏一さん(p)、岡部洋一さん(per,ds)でしたが、個々人の技量の確かさに加え、長年活動しているレギュラーバンドの完成度の高さを魅せつけた演奏はさすがの一言。

今年ご逝去された内田浩誠さんに捧げられたバラードWingsやベース・ソロで始まる新宿というカッコいい曲等、ジャンルを超えた音楽の数々にリラックスした時間を過ごさせていただきました。

その後、以前久留米・ルーレットさんで行われた中村誠一さんのライブのアフターでお聴きした(下の写真)ことがあるだけで、初めてのステージを楽しみにしていたボーカル西田麻美さんが登場。鈴木良雄BASS TALKをバックにThat's all、来日公演中で敬意を表されたのかな?と思ったポール・マッカートニーのMy Love、そしてLove For Sallの3曲ご披露されたのですが、やっぱり全然物足りない!最後の最後でまたもや欲求不満。苦笑

そして、満場の大きな拍手にアンコール。最初はこのメンバーにMAYUMIさんが入って、久留米の生んだ大作曲家 中村八大さんの名曲「上を向いて歩こう」。続いて出演者全員で「ルート66」を本当に楽しく、お祭り騒ぎで演奏して終了。ただ、ここで聴かせていただいた西田さんとMAYUMIさんのスキャット合戦が普段絶対に聴けないもの、かつ、聴き応えもあったことから、意外なところで満足。笑

そして、出演者のアルバム売り場(注3)で「E.T.session Vol:1」を入手、E.T.さんにサイン(注4)していただいた後は翌日の出勤に備え、いそいそと帰路についた次第です。

(注1) 着席後、落ち着いてステージを見て思ったこと。あれ?ベースがクレジットされていた井島正雄さんじゃない?これまで吉岡秀晃トリオ等でよく聴かせていただいた井島さんですが、体調を崩され、久しぶりにあの満面の笑みを浮かべながらの演奏をお聴き出来ると楽しみにしていたのですが。。。後で周りの方にお聞きしたところ、体調の許す限りということで最初の1曲だけ演奏なさったのだとか。間に合わず、本当に残念。

(注2)遅れてきた私に対し、ご丁寧に暗い客席を懐中電灯で照らしながら座席まで先導していただく等、運営者の方々のお心遣いには驚きました。感謝です。

(注3)このアルバム売り場をご担当されておられたのは、何と、この春還暦ライブを聴かせていただいた中村健さん。また、エイトモダンのマスターもこの日はチケット発売係をご担当されておられましたが、皆さん、どうもお疲れ様でした。更にはこの会の大成功、おめでとうございました。

(注4)これがサインしていただいた藤山E.T.英一郎さんの新アルバム「E.T.session Vol:1」。

実はこれも今回の楽しみの一つでした。というのも、このアルバムはライブ会場で買ってその場でサインをしてもらおう!と決めていたものの、その発売以来、なかなかE.T.さんのライブに行く機会がなく、「スゴい迫力だった!」「カッコ良かった!」等々、先に聴いた人からその評判を聞くにつけ、ヤキモキしていたので。笑

熊本までの帰り道にずっと聴いていましたが、前評判どおりのいい出来で、個人的にはとても気持ちのいいアルバムでした。新シリーズ「ジャズ・アルバム紹介」で取り上げましたので、またご覧いただけたら幸いです。


「クラシック演奏会/ジャズ・ライブ」の目次へ戻る

九州のジャズ・バー/喫茶のご紹介」ページへ戻る

汝が欲するがままをなせ

九州ジャズ・ロード巡りを中心に興味の赴くままジャズ・クラシック等について不定期に掲載。 タイトルはM・エンデ「はてしない物語」の含蓄に富んだ言葉で、サイト主の座右の銘。

0コメント

  • 1000 / 1000